乾麺を生パスタ風にする方法!Piatto Suzukiの冷製パスタレシピ!【それダメ】

2019/7/3に放送されたテレビ東京系テレビ番組『ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?』の生活力検定では夏定番の麺に注目。港区麻布十番にある「Piatto Suzuki」のオーナーシェフである鈴木弥平さんが乾麺を生パスタ風にする方法やこの夏に嬉しい冷製パスタの作り方を紹介。その方法とは?

乾麺を生パスタ風にする方法


乾麺は茹でる前に2時間以上水に浸します。また、ただの水につけるだけでなく、つける水に塩を入れ、旨味を足すために昆布をいれます
こうすることで乾麺のパスタが水を旨味を吸い込みパスタが柔らかくなります。

また、茹でる時はパスタを浸したお水を使って茹でていきます。この水の中には旨味成分が溶け出ていますし、流れ出たでんぷんも入っているのでその中でゆでるとモチモチ感を損なわずに仕上げられます。

乾麺の茹で時間は通常7~8分ですが、この方法を採用した場合は茹で時間はわずか1分でOK!

スポンサーリンク

冷製トマトパスタのレシピ


【材料】
・トマト 1.5玉
・好みの野菜 適量
・にんにく 2かけ
・塩 4g
・ワインビネガー又は米酢 20g
・オリーブオイル 40g

作り方

  1. トマト、セロリなどお好みの野菜に、にんにく、塩、ワインビネガー、オリーブオイルを加えミキサーにかけます
  2. キュウリ、トマト、パプリカなどをさいの目切りしてボイルします
  3. ボウルに先程ミキサーにかけたものと、ボイル野菜を合わせソースは完成
  4. 茹でたパスタを氷水でひやして、パスタソースと絡めたら出来上がりです

2019/7/3放送『それダメ』

『ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜』は、2015年4月15日からテレビ東京系列で放送されているバラエティ番組である。番組では意外と知らない”それダメなコト”を再現VTR・専門家の開設・実証実験などを交えて紹介

MC:若林正恭(オードリー) 高橋真麻
レギュラー:春日俊彰(オードリー)

Piatto Suzuki

東京・麻布十番駅から徒歩2分ほどの場所に位置する『ピアットスズキ』。ミシュランを11年獲得し続けるレストランで、オーナーシェフの鈴木弥平さんは、伝統的なイタリア料理を基本に、革新的な技術を融合した料理を提供する料理人です。

住所:東京都港区麻布十番1-7-7 はせべやビル4F
営業時間:営業時間:18:00~24:00 夜10時以降入店可 休業日:日曜・祝日の月曜

まとめ&感想

いかがでしたか。乾麺を昆布と塩水に2時間漬けるとはとても斬新なアイディアだと思いました。パスタを茹でる際に醤油をいれてゆでることで和風パスタが美味しくなる技を以前どこかの番組で紹介されていましたが、パスタもお肉と同じで下処理をしてあげることによって格段に美味しくなるということを改めて勉強させていただきました。また、冷製パスタなので夏に旬の梨などをいれても美味しそうだなと思いました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事