まくわうりの食べ方・切り方!メロンとの違いや味の特徴とは?

まくわうりといえば、ウリ科の仲間で夏になると市場に出てくる野菜です。しかし、メロンに似ている印象からフルーツとしても認識されています。まくわうりを食べたことがない方へ、まくわうりの切り方や食べ方を紹介していきます。そしてメロンとの違いが気になる方へその疑問を解消していければと思います。

スポンサーリンク

まくわうりの食べ方

まくわうりは野菜に分類されるようですが、食べ方は人それぞれです。野菜としてサラダにしたり、生でそのまま食べてフルーツ感覚で食べられる方もいます。一番簡単にまくわうりを食べられるのは『生で食べる』ことです。これが一般的に周知されている食べ方だといいます。

野菜として食べる場合は、千切りにしてパパイヤサラダのようにしたり、細切りにしてピクルスや、糠漬けとして食べても美味しいです。また、生ハムを巻いて食べるのも良いです!ハムの塩気と甜瓜のほんのりとした甘さとの相性が抜群です。おつまみとして出されると嬉しい1品ですよ。
果物として食べる場合は、生で食べるのが一番適しています。果物といってもメロンのように糖度が高いわけではありません。ゼリーやアイスに調理をするよりはそのまま食べるのが一番美味しいと感じる状態かと私は思います。

切り方

まくわうりの切り方は2つあります。一般的なのがゴーヤを切るときと同じように、縦半分に切って、中の種をスプーンでくりぬき、皮を包丁で剥いて、U字になるように横に切っていくというものです。

今回私は一番簡単な方法をお教えしたいと思います。それは、横半分に切って全てスプーンでくりぬくという方法です。キウイを食べるときのように食べる方法です。その際は種も一緒に食べます。種のまわりにあるジェリーがまくわうりの実の部分より個人的には甘いと感じているので、この部分も一緒に食べることでフルーツらしさを味わうことが出来ます。

味の特徴

まくわうりは皮に近づくにつれて味も薄れて、硬くなります。食べる際は皮を厚めに剥いて食べるのがお勧めです。
基本的な味は、メロンと梨の中間といったところでしょう。メロンほど甘くなくさっぱりとした味わいです。また食感がシャキシャキとしている点と水分が多い点で梨に似ていると感じます。

甘さはほんのりとした甘さの為、野菜としても果物としても適応してしまうため、逆にどっちなの?といわれても区別することがとても難しいです。

スポンサーリンク

メロンとの違いとは?


まくわうりはメロンの一変種です。種としてのメロンは北アフリカや中近東地方が原産になります。栽培が始まり、特に西方に伝わった品種群をメロンと呼び、東方に伝わった品種群を瓜(ウリ)と呼ぶと考えられています。このウリの中にまくわうりが含まれます。まくわうりの名前は、当時美濃国(岐阜県南部)の真桑村からきています。それはこの地域が良質なうりをつくれる産地であったためです。
古くから日本で食用にされているのが「うり」。ウリと言えばマクワウリを指すものでした。しかし温室栽培が発達し日本でもメロンが市場に流通し始めるようになります。当初はメロンは高級品であり、庶民はウリを食べていたと言われています。つまり日本ではウリの方が馴染みのある食品なんですね。

栄養面で比較

黄金まくわうりを今回買ってきたのですが、その際に八百屋さんで「黄金まくわうりはカリウムを多く含んでおり高血圧に効果が期待できる。また、ミカンと同じ位ビタミンCを含むので風邪予防にもなります」と記載されていました。ビタミンC豊富と書いてあるとどうしても手が伸びてしまう性格の私です。

実際に、厚生労働省の食品成分データベースで栄養素を調べてみたところ、あまり変わりませんでした。(比較したのはまくわうり黄肉腫/生とメロン緑肉腫/生の成分データ)メロンの方が甘い分やはり糖質は少し多いようです。まくわうりは炭水化物100gあたり7.8gのところ、メロンは10.4gでした。

メロンの方が多い栄養成分:カリウム、リン、ビタミンB6、ビタミンB1
まくわうりの方が多い栄養成分:マンガン、a-カロテン、ビタミンC、食物繊維、葉酸2

他にも栄養素はたくさんありますが、知名度の高い栄養成分で比較してみました。特に葉酸はまくわうりの方が高く、100gあたり50g含まれています。メロンは100gあたり24gです。

まとめ&感想

いかがでしたか。メロンもまくわうりも大して変わりませんが、果物として食べるなら断然メロンを選びたくなります。野菜として食べる場合はまくわうりでしょう。また値段で比較するとまくわうりの方が安いですよね(※販売されている店舗によって異なります)。経済的に苦しいけどメロンが食べたいな~という時はまくわうりで代用するのもいいかもしれませんね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事