にんにくの芽の食べ方!下ごしらえや豚肉を使ったレシピを紹介!

にんにくの芽といえば、5月中旬から6月初旬に旬を市場に出回るので春頃に食べられる野菜です。実のにんにくは皮を剥いて調理が必要ですがこのにんにくの芽はそのままの状態で調理することができちょっとにんにくの風味が欲しい!彩りが欲しい!といったときに重宝できる野菜です。

また、食感もとても良いので一度食べたらハマること間違いなし!今回は3つの調理法を試してみました。レビューとともに紹介していきます。

目次

スポンサーリンク

にんにくの芽の下ごしらえ


にんにくの芽の下ごしらえ方法は主に2つ。というのも、下ごしらえとして下茹でを施すか、下茹でしないでそのまま加熱調理するかという2択になってくるかと思います。
私の経験上、下茹でしたものはナムルなどの和え物に適しています。
一方、下茹でせずに加熱調理に使うにんにくの芽はよりにんにくの香りを味わえるので炒め物に適しています。
下茹でするかしないかでかなり食感が変わってきます。

【下茹で済み】:柔らかくホクホクとして食感。にんにくの香りは抑えめ。薄めの緑色に。
【下茹でなし】:シャキシャキとしていてにんにくの香りが強め。強めの緑色なので彩りよくなります。

ちなみに下茹でする際は沸騰したお湯に2~3分程度茹でればOK!茹ですぎるとせっかくのしゃきっとした食感を失ってしまいますのでサッと茹でるのがポイントです!

にんにくの芽の美味しい食べ方1:豚肉を使ったオイスター炒め


【材料】
・タケノコの水煮 1袋
・豚バラ 50g
・ごま油 大さじ1/2
・にんにくの芽 1握り程度
・★鶏がらスープの素 大さじ1/2
・★オイスターソース 大さじ1
・★黒コショウ 適量
【作り方】

1.タケノコの水煮はザルにあけて水を切ります。にんにくの芽は4~5㎝にカットします。

2.フライパンにごま油をひいて、にんにくの芽を炒め豚バラを加えます。豚バラに火が通ったらタケノコをいれてサッと炒めましょう。

3.お肉に火が通ったら★を加えて味を調えお皿に盛り付けたら完成!

にんにくの芽は豚肉との相性が抜群!また中華の味付けでの炒め物にとても適しています。豚肉との炒め物はにんにくの香ばしい風味がかむたびに口の中で広がり絶秒に豚肉の甘さと相まって美味しく仕上がります。

にんにくの芽の美味しい食べ方2:ナムル


【材料】
・にんにくの芽 好きなだけ
・お湯 700~1000㏄
・塩 小さじ1/2
・★鶏がらスープの素(粉末) 適量大体小さじ1程度
・★ごま油 適量大体大さじ1程度
・好みで白ごま
★の分量は自分の好きな塩梅で調整してください。
【作り方】
1.沸騰したお湯に塩、にんにくの芽を加えて2~3分加熱
2.ザルにあけ、お皿に1と★をいれて和えれば完成!好みで白ごまを振りかけてもOK!

茹でることによって緑色が薄くなってしまう欠点はあるものの、食感もよくナムルに向いています。ほんのりとにんにくの風味がするのでお酒のおともとしても合います。

にんにくの芽の美味しい食べ方3:オムレツ


【材料】
・卵 3個
・ツナ缶 1個
・岩塩 一つまみ
・にんにくの芽 2~3本
【作り方】

1.にんにくの芽はみじん切りに、ツナ缶は水を抜きボウルに入れます。

2.ボウルに卵と岩塩もいれ混ぜます。

3.フライパンにオリーブオイルをひいて、焼きオムレツの形を作ったら出来上がり!

オムレツの中にしゃきっとした食感が加わり美味しさが増します。にんにくの味がポイントになってくるので薄味の味付けで十分美味しく食べられます。ポイントはニンニクの芽をできるだけ細かく刻むこと。細かくすることで卵と混ざり合いやすくなります。

感想

いかがでしたか。個人的にはやはり王道の豚肉との炒め物が好きですが、茹でて食べるというのもなかなか美味しく再度作りたいと思えるほどでした。今回は中華ベースのものが多くなりましたが、タイ料理やスパイスが強いインド料理などにも使えそうな野菜なのでまたチャレンジした時は追記していきたいと思います。通常のニンニクは皮むきが面倒くさいですが、このにんにくの芽は下ごしらえがとても簡単ですし、彩りもよくなるので重宝したい野菜ですね。味は本当にニンニクです!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP-季節の食材
おすすめの記事