じゃがいもの正しい選び方・茹で方や保存法とは?【ヒルナンデス】

2019/7/8に放送された『ヒルナンデス』では「いまさら聞けない料理の超キホン検定」という企画で「ビジュアル版 調理以前の料理の常識」からジャガイモに関する問題を出題。ジャガイモの正しい選び方、茹で方や保存法を紹介されていました。

スポンサーリンク

じゃがいもの種類【選び方】


数種類のじゃがいもが存在することがご存知でしょうか。男爵、メークインなど聞いたことがある方も多いかと思います。
しかし、レシピ本などにはじゃがいもの種類まで記載されていないので、どのじゃがいもがどの料理に合うのかまでは知らない方も多いのではないでしょうか。
【男爵】
男爵はホクホクとした食感なのでコロッケ、ポテトサラダ、マッシュポテトなどに向いています
【メークイン】
カレーやシチュー、ポトフに最適。メークインはきめ細かい・粘り気・煮崩れしにくい煮込み料理に向いています
それぞれの特徴を料理ごとに活かしましょう。

スポンサーリンク

じゃがいもの茹で方


 【じゃがいもの調理をする前の注意点】
・芽は毒素を含むので包丁の刃元などを使って取り除きます。
・切ったまま放置するとアクで変色するので切ったらすぐ水に浸しアクを抜くようにしましょう。

正しいじゃがいもの茹で方は『水から茹でること』です。

  1. たっぷりの水を鍋に入れます
  2. そこにジャガイモをいれて強火にかけます
  3. 沸騰したら弱火にして茹でます

こうすることで水っぽくならずうま味が残り美味しく茹でることができるそうです。また、熱いお湯で茹でてしまうと中まで火が通らず芯が残ってしまうこともあるようです。

じゃがいもの保存法


じゃがいもは冷蔵庫にいれず、風通しの良い冷暗所で保存するようにしましょう。
また、もし日に当たる場所におくと毒素である『ソラニン』が生成され芽が出てしまいますので注意が必要です。

じゃがいもの芽を出すのを遅らせる保存法

リンゴと一緒に保存することで芽を出すことを遅らせることができます。リンゴに含まれるエチレンという成分が生鮮食品の成長を早めて腐らせてしまう特徴がありますが、じゃがいもの芽に関しては、芽を出すのを遅らせる働きがありますので、リンゴと一緒に保存するようにしましょう。

ヒルナンデス

『ヒルナンデス!』は、2011年3月28日から日本テレビ系列で、月曜日から金曜日の11:55 - 13:55に生放送されている情報・バラエティ番組。日本テレビ「ヒルナンデス!」(毎週月~金曜11時55分~13時55分)では暮らしに役立つ情報やトレンドアイテムなどを紹介しています

まとめ&感想

いかがでしたか。じゃがいもの基本的な調理法は味付けなどの料理をしていく前が大切になってくるということですね。また、じゃがいもの芽は気づいたときにすぐできてしまいがちです。リンゴと一緒に保存することで芽を出すのを遅らせることができますので、リンゴと保存するようにしましょう。袋などにいれて一緒に保存するのも良いかと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事