氷の器が作れる100円グッズがこの夏便利!実際に作ってみた!

2019/7/1に放送された『ヒルナンデス』では最新のひんやりグッズを紹介されていました。どれも真新しいものばかり!価格帯も比較的リーズナブルで番組を見て『すぐ欲しい!』と思った方も多いはずです。

100円ショップ『ダイソー』で累計3万3000個売れたキッチングッズである「氷の器」を実際に購入して作ってみましたのでその感想や使い方などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

氷の器が作れる100円グッズ【ダイソー】


物凄く簡単に氷の器が作ることができる便利グッズです。夏になると冷製スープやそうめんなど冷たい料理を作る機会が増えますよね。そんな時に役立つのがこの氷の器!機能性だけでなくインスタ映えにも使えるのでSNSに投稿するように使用されてもいいでしょう。

氷の器の使い方

使い方はとても簡単です。

  1. 片方の器に水をいれます
  2. もう片方のお皿で蓋をします
  3. するともう片方のお皿の穴の部分から余分な水分がぴゅーっと出てきます
  4. これで余ったお水は出ましたので、しっかりとした形の器ができます
  5. あとは冷凍庫にいれるだけ

器の見た目はこんな感じです。器と蓋の2つから構成されています。

水をカップラーメンのように線のところまでいれて、蓋をしていくと蓋についている穴の部分から余分な水がぴゅーっと出てきます。噴水のように出てくるのでお子さんがいる方はお子さんにやってもらうと喜んでもらえると思います。

おススメの使い方は冷やしそうめんそうめんは氷水にさらすと麺が水分を吸収して伸びてしまいますので、氷の器であれば氷水につけたものと比べて麺が伸びることなく美味しく冷やすことできます

他にもオレンジジュースを凍らしても美味しいですし、豆乳や好きな果実ジュースを凍らしてそのまま食べても良いでしょう。
果実ジュースであれば中でフルーツポンチをつくったり、豆乳であれば中にアイスクリームをいれてパフェを作ってみても良いと思います。

猛暑の日には冷製スープをいれても飲んでも美味しいですね。アイディアは無限大です。

スポンサーリンク

使ってみた

冷やし中華麺を作ったので冷やした麺をさっそく入れてみました!とても涼し気で夏にぴったりの器です。
氷水にいれるのとは異なり、麺が水っぽくならなくて済むのがとても使い勝手が良いと思いました。
1つ気になった点は、器を置くお皿を少しボウルになっているものを使用した方がいいとうことです。

 氷ですので溶けてくると動きますし、水が下に溜まってきますので溶けたことを考えて平のお皿ではなく、丸みをおびたお皿を使用されると良いでしょう。

また、冷凍庫で場所をとってしまうので普段から冷凍庫が半分以上埋まっている方は2~3個凍らすのが限界かと思います。その為、麺類につかうよりはフルーツポンチなど1品料理に使用される方が冷凍庫の幅をとらないので良いかと思います。

まとめ&感想

作る工程も楽しめ、簡単にできてしまうのでお子さんと一緒に作ったら楽しいと思いました。また、私のパートナーはお酒をいれて飲みたいといっていました。ご飯やフルーツ以外でも飲み物に使用してもキンキンに冷えていいかもしれません。是非試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事