【ヒルナンデス】焦げてフライパンにくっついた餃子を剥がす方法とは?

2019/7/8に放送された『ヒルナンデス』では「いまさら聞けない料理の超キホン検定」という企画で料理家のあまこようこさんがフライパンに関する問題を出題されていました。その問題というのが「焦げてフライパンにくっついた餃子を剥がす方法とは?」というもの。そんな方法があるのでしょうか。

スポンサーリンク

焦げてフライパンにくっついた餃子を剥がす方法


餃子をフライパンで調理して焼いているとフライパンに餃子がくっついてしまってどうしよう!と思うことってありますよね。無理やりにフライ返しなどで剥がそうとすると餃子の皮が破れてしまって中の肉汁も流れ出てしまいます。餃子を綺麗に焼き上げる為にも無理強いはしたくないですよね。
そこで餃子を崩さずに焦げを剥がす方法があります。それが、フライパンを濡れ布巾に置いて冷ます、です。これを行うことで餃子がフライパンにくっつていしまっても取れる状態になります。

なぜ取れる?

フライパンを横から見るとフライパンの表面は火にかけると熱で膨張します。そこに焦げが出来餃子がくっつく状態になりますが、そこで濡れ布巾を使うことでフライパンの温度が下がり急激に収縮するため、焦げ付いた部分はその収縮について行けずはがれやすくなるという原理のようです。
ポイントは急激に冷ますということ。その為、氷水につける方法などでも有効だということでした。

フライパンの焦げ関連記事

テフロン加工のフライパンの焦げの原因や、焦げの落とし方などを紹介しています。☟

スポンサーリンク

ヒルナンデス

『ヒルナンデス!』は、2011年3月28日から日本テレビ系列で、月曜日から金曜日の11:55 - 13:55に生放送されている情報・バラエティ番組。日本テレビ「ヒルナンデス!」(毎週月~金曜11時55分~13時55分)では暮らしに役立つ情報やトレンドアイテムなどを紹介しています

まとめ&感想

いかがでしたか。濡れ布巾に置くだけであれば簡単にできますね。餃子がフライパンにくっついてしまっても焦らず対処できそうです。また、これで餃子の崩れも防止できそうですね。くっついてしまって困ってしまった!という方は是非試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事