氷こんにゃくの作り方や解凍方法は?こんにゃくをお肉に?【ヒルナンデス】

2019/9/3に放送された『ヒルナンデス』では低糖質の置き替えダイエットとしてこんにゃくダイエットレシピを料理研究家の金丸絵里加さんが紹介されていました。置き換えダイエットレシピの基本となる氷こんにゃくの作り方とは?また、それを使った回鍋肉の作り方も一緒に紹介していきます。

氷こんにゃく【材料】


 

・こんにゃく 1枚(あく抜き不要のもの)
・ピーマン 3個 (乱切り)
・キャベツ 3~4枚 (ざく切り)
・にんにく 1/2片
・酒・みりん・醤油の合わせ調味料(各小さじ1)
・豆板醤 小さじ1杯
・紺麺醤 大さじ1杯

スポンサーリンク

氷こんにゃく【作り方・レシピ】

実際に作ってみたので写真と共に工程を紹介していきます。

1.こんにゃくを回鍋肉風のお肉のサイズにカットしていきます。4等分にカットして、切り目を下にして縦に立たせて3等分にカットし、そのカットした部分をさらに四角い形になるように半分にカットします。

私の場合は半分に切って、

片方を立て厚さが薄くなるように半分に切り

縦に3等分に切り

3等分に切ったものをまた半分に切る

といった流れでカットしました。

2.臭みを取るため軽く水洗いします。

3.ポリ袋に2をいれます。

4.口をしばり平らにならしたら、一晩(5~6時間)冷凍庫に入れます。

5.これを袋のまま水につけて解凍します。こんにゃくが剥がれる程度にということでしたが、
水道を流すだけでは足りなかったのでたるに水を張って解凍しました。解凍には結構時間がかかります。2~5分程度かかると考えた方がいいでしょう。

6.ザルにあけて手でよく絞ります。これで氷こんにゃくは出来上がりです。
ここでちょっと思いました。冷凍すれば中の水分が抜けてこんにゃくが小さくなると思っていましたがそんなことはありません。カットされたサイズのままでした。なので少し分厚く切りすぎたね。お肉に見たせたい場合はもう少し薄く切ることをお勧めします。

7.中火で熱したフライパンに6と豆板醤・紺麺醤をいれて絡めながら炒めます。

8.そこにキャベツ、ピーマン、調味料を投入して強火で炒めていけば完成です。


完成☟やっぱりこんにゃくがぶっといですね。笑 煮物レベルの分厚さでした。

2019/9/3放送

金丸絵里加さんのこんにゃくレシピ本

【こんにゃくの特徴】
・低カロリーかつ低糖質
・食物繊維などが豊富に含まれている
・脂肪燃焼を促したり脂肪蓄積を防ぐ働きなど

参考:ヒルナンデス




まとめ&感想

いかがでしたか。最近ではピーマンは種ごと食べることが新常識としてあらゆるメディアで紹介されています。その理由は下記記事で紹介しています。

このレシピでもピーマンを使っているので種ごといれて栄養価をアップさせても良いでしょう!私が試した際もピーマンは種とワタごと炒めています。
実際に調理し、食べてみた感想ですが、ただ凍らしただけでこんにゃくの味の染み込みが凄い!という点に驚きました。中の水分が抜けてそこに調味料の味が短時間炒めるだけで中までしみしみについています。食感も今までのこんにゃくとは全く想像できない何とも表しがたいふにゃサクッとした食感です。今回は分厚くしすぎてしまったせいかあまりお肉感はでませんでした。どちらかというと煮物感がでており、こんにゃくの煮物を味しみしみにしたいときにもこの方法は代用できると感じました。

この氷こんにゃくのベーシックさえ押さえてしまえば、他の肉料理にも使えますので是非試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事