シイラの食べ方!美味しいと有名なマヒマヒバーガーを作ってみた!

先日放送された『鉄腕DASH』でシイラを特集されていたんですが、それを見て『シイラ食べたい!!!』と旦那と話していた翌日ラッキーなことにスーパーでシイラの切り身を発見しました!!大き目の切り身が2枚入ってまさかの300円程度だったので早速買って一番美味しそうだったマヒマヒバーガーを作ってみることにしました。

想像していた以上に美味しかったので是非食べていただきたい!ということでレシピも紹介します。

目次

スポンサーリンク

シイラとはどんな魚?

流通されているシイラは白身魚のような淡白な身のイメージですが実は赤身魚、そしてサワラの仲間なんです。サワラは冠婚葬祭に必須な魚で高級魚というイメージが強いですがシイラはスーパーで切り身が安価で販売されているのでお財布に優しいお魚です。

日本では総菜魚としてなじみ深く海外ではマヒマヒとも呼ばれていてハワイではシイラをフライにしたフィッシュバーガー『マヒマヒバーガー』がソウルフードとして売られています。

最近では黒潮の勢いにのって南の島の魚が東京湾にも流れ着いているといいます。その中の1種がシイラだそう。サワラも温暖化の影響で東北や秋田でも漁獲できるほどになっているとか。

シイラは海中、釣ったあとそして死後に体の色が変化することから虹色の魚とも呼ばれています。

以前放送された『鉄腕DASH』ではシイラに関して

「ハワイあたりで生まれたシイラは餌となる小魚を追って沖縄をまわり東京湾付近まで回遊してくる。雄は大きなおでこが特徴で、メスは雄に比べるとなだらかなおでこをしている。漢字表記では鬼頭魚(しいら)と表す。魚の中でも食欲旺盛で下の中までトゲトゲの歯を持っているため凶暴。餌があるとわかると仲間が次々に集合する。海中では銀色、釣りたては金色、死後は白色になる。早いうちに処理して食べるのがいい。痛みやすいので流通されているシイラは安価なことが多い。夏場に日本にやってきたシイラはたくさんの小魚を食べて秋に旬を迎えるため黄色みが残った新鮮なシイラであれば1匹4000円以上の値がつく。」

と説明されていました。

雄と雌のわかりやすい写真がこちら↓

おでこが特徴的な雄

なだらかなおでこの雌

シイラは体が細長く体幅は薄い魚で全世界温・熱帯海域に生息しています。沖合の表層魚のためダイバーたちはあまり見る機会はありませんが釣れる魚としては結構有名です。

どんなものを食べて暮らしている?

シイラは魚、イカ、クラゲなどを食べます。視覚は発達しているので獲物を逃さず瞬時にキャッチ。鉄腕ダッシュでは木製の手作りのルアーを使って釣りをされていました。イワシと鯖に見立てたルアー(疑似餌)で見事釣っていましたよ。ちなみにこの習性を利用したシイラ漬けという漁法もあります。竹を束ねて作った漬け木を海面に浮かべその下に集まるシイラを巻き網で捕るという漁法です。

シイラの食べ方


シイラを釣ったら、まず3枚におろします

  シイラは鱗に細菌がついているその細菌を食してしまうとお腹を壊す可能性があります。そのため、まな板は二枚用意するようにしましょう。皮を剥いだまな板では身を捌かないようにするのがポイントです。皮を剥いだまな板は使わないようにしましょう。

皮を剥いだ身の部分は腹骨をそいで、中骨もピンセットでとって好きな形にカットして調理します。

1.刺し身

新鮮なシイラは刺身にして食べるのも美味しいようです。薄くまたは分厚く切ってはその人の好み。私の好きなヨットで世界一周をしているyoutuber『Sv delos』でもシイラを釣っていましたがその時に釣ったあとすぐに捌いてお刺身として食べていました。海外の方でも美味しいと感じるシイラのお刺身!赤身の魚なのでカンパチのような味わいだとか。

他にも、

2.しゃぶしゃぶ
3.味噌漬け焼き
4.フライに
5.フライを使ってハンバーガーに。『マヒマヒバーガー』
6.照り焼き
7.ムニエル
8.天ぷら

など幅広く活用できるお魚です。

釣ってきてシイラを食べるという方はごく僅かと思います。一般の方はスーパーで売られている切り身を調理して食べるでしょう。
シイラを美味しく食べるには私はフライにするのがベストだと思っています。

私の旦那はまぐろの赤身くらいしか食べられないTHE魚嫌いの人間なのですが、シイラをフライにしたら「美味しい!」と何度もお代わりしていました。
お子さんで魚が嫌いな方でも揚げてしまえば食べやすく癖のないお魚料理になります。

スーパーで買ってきたシイラで1点気をつけることがあります。それは『』です。切り身で皮も剥ぎ取られて売られていることがほとんどですが中骨がそのままの状態のものもあります。シイラの骨は結構極太なので手で触って確認して、きちんと骨を取り除いてから調理するようにしましょう。特にフライにする場合は口の中で刺さると痛いので事前に抜き取って上がるのが親切な料理といえると思います。

マヒマヒバーガーを作ってみた

 

【材料】2バーガー分

  ・シイラの切り身 2枚
・トマト(小さい) 1個
・サニーレタス 1枚
・バンズ 2個
・★ゆで卵 3個
・★ピクルス 2本
・★マヨネーズ 大さじ2~3
・★コショウ 少々
・★塩(あじしお) 少々
・揚げ用油
・オリーブオイル 少々
【衣】
・おからパウダー 適量
・卵 1個
・パン粉 適量
今回使ったバンズとピクルスはこちら↓

KALDIで購入

イオンスーパーで購入。パスコのパンです。

【作り方】

1.手で切り身を触って骨がないか確認します。赤い筋のところに中骨が残っていますのでピンセットで抜きます。結構身にしっかりついているので骨の先端を指でつまんでピンセットで上から下に引いていくと抜けやすいです。

2.バットに切り身を並べて塩を振りなじませます。

3.ラップをして冷蔵庫に1~2時間置き水分と臭みを出します。

4.レタスとトマトは洗ってレタスはちぎり、トマトは輪切りにします。

5.ボウルにみじん切りにしたピクルスと茹で卵を入れてマヨネーズを加えよく混ぜ合わせます。

6.コショウとアジシオも加えてよく混ぜます。味見をして丁度良い塩味でストップ。これでタルタルは完成!

7.魚を冷蔵庫から取り出すとこんな感じで余分な水分が出ていますので冷水で優しく魚を洗い流します。※くれぐれもぬるま湯で洗わないように!

8.洗ったらキッチンペーパーできちんと水分をふき取ります。この工程を行うことで魚臭さが軽減されます。

9.衣をつけます。おからパウダー→卵→パン粉の順につけます。

10.衣をつけたシイラを揚げます。

11.バンズはオリーブオイルをかけてトースターで5分焼きます。

12.ひっくり返して両面焼き目がつくように揚げていきます。

13.揚がったシイラはバットにキッチンペーパーを引いてその上にのせます。

14.あとはバンズ→レタス→トマト→フライ→タルタル→バンズの順にのせていったらバーガーの出来上がり!

フライドポテトはヘルシーにエリンギの素揚げ

フライドポテトもいいのですが、旦那がキノコ嫌いでそれもどうにか克服してほしいんですよね。それで閃いたのがエリンギの素揚げでフライドポテト風にしてみるというもの!笑

エリンギは細切りにします。

シイラを揚げて残った油でエリンギを揚げていくだけ。

じゃじゃ~ん!フィッシュバーガーセットに!

旦那

このバーガーめちゃくちゃ美味しい!!特にこの魚のフライが最高だね!!これなら魚いくらでも食べられるからバーガーでも、フライのみだけでも今後出してほしい!タルタルに含まれるピクルスは僕の好きな味だ。アメリカを思い出す!

エリンギの素揚げは、食べられなくないよ!?ポテトの方がもちろん美味しいけど食べたくない味じゃないし、サクサクしているから食感は美味しいね!

となかなかの好評でした!!

揚げ物があるので調理としての難易度や手間度は上がりますが、それでも魚を美味しいと食べてくれるのであれば手間なんて関係なく今後も作っていきたいと思いました。魚嫌いにはフライにしてしまおう!

家庭に魚嫌いの方がいるご家族には是非試していただきたいです。また、好きな調味料(私の旦那の場合はケチャップ)を添えてあげるだけでも食欲そそるみたいですよ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事