ステーキを炊飯器で?テレビで紹介されたレシピを真似て作ってみた!

2020/6/16に放送されたテレビ番組『教えてもらう前と後』では、炊飯器だけで作れる絶品料理法を紹介されていました。その名も『同時メシ』。アクアパッツァやロールキャベツなどご飯+おかずを炊飯器だけで同時に作るという時短料理。番組の中でステーキの同時メシを紹介されていました。

とても気になったので実際に作ってみました。味の感想や難易度などもあわせて紹介していきたいと思います。

ステーキを炊飯器で?テレビで紹介されたレシピ


今回この調理法を紹介されていたのは5つ星お米マイスターの澁谷梨絵さん。

材料

・米 2合(水360ml)
・コンソメ 小さじ2
・ステーキ肉 1枚
・バター 10g程度
・好みのステーキソース 適量
ー参考『教えてもらう前と後』

作り方

1.といだお米に水とコンソメをいれて釜にいれます。
2.ステーキ肉に塩コショウします。
3.お肉をそのまま炊飯器の真ん中に入れます。
4.蓋をして通常モードで炊飯。
5.釜からお肉を取り出してカット。
6.お米はバターを加えて混ぜ合わせます。
7.お皿にお米を盛り付けた上にステーキをのせて、好みのソースをかけたら出来上がり!
ー参考『教えてもらう前と後』

スポンサーリンク

実際に作ってみました♡

1.といだお米に水、コンソメを窯にいれます。私は玄米を使ったので1時間水に浸したものを使用しました。

2.ステーキ肉に塩コショウをします。

3.お肉を炊飯窯にいれ、蓋をして通常炊飯します。私の場合は玄米に設定して炊飯しました。

4.炊飯後蓋をあけるとこんな感じに炊きあがっています。

5.お肉を取り出してカットします。

6.炊けたご飯にバターを加えて混ぜます。

お皿にご飯とお肉を盛り付けたら出来上がり!

感想・難易度

感想

これはあっぱれ!!全く調理していないのにこんなにもお肉がホロホロで美味しくなるなんて!!焼いたステーキというよりも、煮込んだお肉に近い食感になります。口の中でとろけるお肉です。また両面に焼き目もないのでやはりステーキというよりは角煮のような煮込み肉に近いですね。しかし!!家庭でこんなにもお肉をたったスイッチ一つで簡単に柔らかくできるとは、今後の様々な料理に代用できそうです。
またご飯に関しても、お肉の肉汁がお米に染み込んでいてコクがある牛肉ライスになります。私の旦那にかなり好評でした♡
また、お肉をステーキとして食べた時に気になる脂身もご飯にうまーく染み込んでくれるのでお肉がとてもさっぱりとして美味しく頂けます。脂っこい食事が苦手な方でも問題なく食べれます。ソースも大根おろしを加えるなどするとさらにさっぱりするでしょう。

難易度

今日料理したっけ?と思わせる程超絶簡単です。
具材と調味料を炊飯器に入れてスイッチを押すだけなので初心者の方でも簡単に作れちゃいます。また、忙しい日なんかは特にいいですね。今回はお肉一枚で炊飯しましたが、人数に合わせてお肉を入れるのも良いでしょう。今度お肉2枚でも試してみたいと思います。

おすすめ度

間違いなくリピート決定です。
本当に簡単で時短なのにめちゃくちゃ美味しく、お肉を噛むのが難しい方でも口の中でとろけるほどお肉は柔らかくなるため、老若男女楽しめる1品だと思いました。ステーキのみならず炊飯器でお肉料理を増やしていきたいと思えるきっかけにもなります。
是非試してみてはいかがでしょうか♡

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事