回鍋肉の作り方!市販のたれを使って名店の味に?失敗しない調理法!

2020年6月10日に放送されたテレビ番組「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」では過去に放送された市販の素を格上げする調理法を特集して紹介されていました。どれも試していきたいと思いますが、今回は回鍋肉の格上げワザを紹介されています。

家庭で回鍋肉を何度か作ったことがありますが、キャベツがシャキシャキしなかったり、味がつかなかったり、どうしても味が決まらないことが多いんですよね。お店の味が作れるということなので早速試してみました!

回鍋肉の作り方!キホンは?


番組内で回鍋肉を失敗しない作り方を教えてくださっていたのは中華料理「天華」の店主である長尾翔大さん。

材料

3〜4人前

・回鍋肉の素 1袋
・キャベツ 1/4
・豚バラ肉 200g
・長ネギ 2分の1
・ピーマン 2つ
・塩 小さじ1
・サラダ油 大さじ1
・チョコレート 4かけ
ー参考:「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」

作り方

絶対に失敗しないホイコーローを作るには『炒めすぎない』のがポイントです。

1.キャベツは包丁を使わずにちぎるのがポイント!手でちぎることで水っぽくならないといいます。家庭用の包丁でキャベツを切るとキャベツの繊維が大きく傷つき余計な水分が出て味がしっかりしません。また、ちぎると断面積が増えてタレが絡みやすくなります
2.ちぎったキャベツは芯と葉を分けましょう。塩とサラダ油を沸騰した鍋に入れ、芯の部分だけ茹でます。これは約10秒ほど茹でればOK!
3.ピーマンは乱切り、長ネギは斜めに輪切りにします。キャベツの葉、ピーマン、長ネギをザルに入れておき、2の茹で汁をかけていきます
4.水分をよく切り、ボウルに移します。
5.火を付ける前にフライパンにお肉を一枚一枚並べてから火をつけて、表面がカリカリになるまで焼きます。
6.カリカリになったら、お肉を4のボウルに移していきます。菜箸を使って油を避けてお肉のみ入れるようにしましょう。フライパンに残った油は再度使いますので捨てないように!
7.タレにコクを出すためにチョコレートを使います。お肉を焼いた後の油の残ったフライパンにチョコを入れて弱火で加熱します。煮詰まってきたら火を止めます。
8.市販の回鍋肉の素を入れ、チョコレートをしっかり絡めます。
9.8のタレを6のボウルに入れてタレを絡ませます。
10.9をフライパンに戻して2,3回程度混ぜてサッと炒めたら完成です。ポイントはずっと混ぜないこと。
ー参考:「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」

炒めすぎないのがポイントということで、かなり手間をかけて作られています。また市販の素にチョコレートを加えることによりコクを出すとんですね。こ
れだけ様々なを工程を加えているので素材の味や食感を守ったままの回鍋肉が作れそうです。仕上がりはキャベツがシャキシャキの状態のものが撮影されていました。うん!とても美味しそう!
それでは実際に作っていきましょう。

スポンサーリンク

実際に作ってみました♡

本来であれば長ネギも必要なのですが、調理当日に長ネギをみたらかなりしおれていたので使うのは断念しました。すみません。その為長ネギなしの回鍋肉の作り方を紹介していく形となります。

1.キャベツは手でちぎり1口サイズにし、芯と葉の部分を分けます。

2.塩とサラダ油を沸騰した鍋に入れ、芯の部分だけ茹でます。※私はオリーブオイルを使用しました!

3.ピーマンは乱切り、(長ネギは斜めに輪切りにします)。

4..ザルにキャベツの葉とピーマンを入れておき、2で茹でたキャベツの芯とゆで汁をかけて湯通しします。

5.よく水をきったら、ボウルにいれます。

6.火を付ける前にフライパンにお肉を一枚一枚並べてから火をつけて、表面がカリカリに焼いていきます。私の場合は量が多かったので重ねてのせていきました。重ねる場合は焼けてきたらすぐに混ぜないとくっつくので注意が必要です!

7.両面がカリカリになって焼けたら、菜箸を使ってお肉を5のボウルに移します。

8.お肉を焼いた後の油の残ったフライパンにチョコを入れて弱火で加熱します。混ぜないとチョコがなかなか溶けず、知らぬ間に油の温度が急上昇する可能性があるので注意が必要です。

9.チョコレートがある程度溶けたら市販のタレをいれて煮詰めます。※チョコレートが溶けていなくても油が高温になっている可能性があります。市販のたれが飛び散る可能性があるので注意しましょう。

10.タレをボウルに移し、具材と絡めてから再度フライパンに戻して、あまりかき混ぜずに2~3回かき混ぜサッと炒めたら完成!

盛り付けたら出来上がり!

感想・難易度・おすすめ度

感想

チョコレートを鍋にいれた時からチョコレートの香ばしい香りが広がり、濃厚なソースになっていることが嗅覚から伝わりました。ソースはチョコレートをいれることでグンッと味にコクが出て締まります
また、炒めすぎないといっていた理由がわかりました。今まで家で作っていた回鍋肉はただの野菜炒めでした。通常の回鍋肉よりも手間はかかりますが、この調理法を使うことでキャベツは温野菜のようにシャキシャキ具合を残し、ピーマンもみずみずしく生き生きとした状態で味わうことが出来ます。これぞ、私が中華料理店で食べていた回鍋肉です。ここまで再現できているなんて本当に嬉しい!

難易度

通常の回鍋肉よりは手間はかかりますが、工程自体は難しいものではありません。洗い物が増えるくらいです。

一番難しいと感じたポイントは、チョコレートの温めです。
残り油でチョコレートを溶かしている時に弱火で加熱していてもなかなかチョコレートが溶けずにかなり油が高温状態になってしまっていて、市販のタレを加えたらマグマのように飛び跳ねました。私としたことが。。。
そうなった場合は一度火を止めて、油の温度が下がってから追加で市販のタレをいれて弱火で煮詰めるといよいでしょう。

基本的にはどの工程も料理初心者でも簡単に試せる内容になっているかと思います!

おすすめ度

絶対におススメです。家庭で作る回鍋肉に何度も失敗してきた方、キャベツの食感とタレとの絡み具合がいつもうまく悩んでいた方には是非試していただきたいレシピです。家庭で本当にこれ作れたの?という味に変わります。
また、炒めすぎないことが今回の調理ポイントとなっていましたが、調理後に電子レンジで1~2分加熱してもキャベツなどの野菜のシャキシャキ感は残っておりとても美味しく頂けました。
今回は市販のタレでの作り方でしたが、タレを自分流に作っても試してみたいと思いました。是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか♡

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP-季節の食材
おすすめの記事