バンホーテンフロランタンを作ってみたら簡単だった!ココア好きにはたまらないかも?

バレンタインにクッキングキットをいくつか試していたのですが、その中で気になったものが『バンホーテンフロランタン』。以前までは無印良品のクッキングキットをいくつか試していたのですが、私のが彼がフロランタン好きというのと、私がバンホーテン好きなのでどうしても試してみたく購入してみました!

今回実際に作ってみてどれほど簡単に作れるか、味はどうだったかなどレビューしていけたらと思います。ちなみに私は通常の料理は好きなのですが、お菓子作りは不得意です。大雑把な性格なので分量を量るのがめんどくさいと感じるタイプなのでよくお菓子作りに失敗します。そんな私でも簡単に美味しく作れるのでしょうか。

バンホーテンフロランタンに含まれるもの


そもそもバンホーテンを知らないという方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単にバンホーテンとはなんなのかを紹介しますね。

1828年に世界で初めてココアパウダーを製造したのがバンホーテン。ヨーロッパの菓子職人から「ベルベットのやさしさ」と称され愛されるきめが細かく深い風合いのココアパウダーです。-パッケージ内に記載

私が幼い頃に母(現60代)がよく「バンホーテンのココアパウダーは少し値が張るけど一番美味しいんだよ~」と教えてくれました。母の時代には高級ココアパウダーとして知られていたようです。現在ではアイスクリームなども販売されておりより身近な存在になってきている印象です。
個人的にはバンホーテンのココアパウダーはミルク要素が少なくよりカカオの味を味わえるココアパウダーだと感じています。
もともとバンホーテンのココアの味がとても好きなのでフロランタンにしたらどんな味がするのかとても楽しみです。このフロランタンは香り高いココアがサブレの部分に含まれます。フロランタンって通常プレーンタイプの黄色いクッキー生地を使っていることが多いですが、このフロランタンはクッキー部分にココアを練り込んだフロランタンです。

キットに含まれるもの

  • サブレミックス 120g
  • フロランタンパウダー 35g
  • アーモンドスライス 25g
  • 透明袋 8枚
  • ワイヤーリボン 8本
  • 焼き型 3枚

自分で用意するもの

  • バター(食塩不使用) 40g
  • 卵黄 1個分

使用する道具

  • オーブンレンジ
  • ボウル 2個
  • ゴムベラ
スポンサーリンク

バンホーテンフロランタンを実際に作ってみた!

事前準備

  • バターを1㎝角程度に切っておきます
  • サブレミックスと角切りにしたバターを冷蔵庫で冷やしておきます
  • オーブンレンジから天板を取り出し、170度に温めておきます

上記がパッケージに記載されている内容ですが、これプラス個人的にはバターを常温に戻しておくことをお勧めします。バターをサブレミックスと混ぜ合わせていく際に少し柔らかくなっている程度が楽です。力があまりいりません。

1.ボウルにあけたサブレミックスに角切りバターを合わせ、指先でバターをすり布武しながら混ぜます。※混ぜ合わせの目安はバターのかたまりが無くなり、全体が細かくサラサラのそぼろ状になるまで指先で潰していきます。

2.そぼろ状になったらm卵黄を入れ、全体がなじむまでゴムベラで切るようにかき混ぜます。

3.ボウル内で生地を3等分にし、焼き型にいれて指先で表面を軽くならします。

4.170度で10分焼きます。

5.フロランタンパウダーとアーモンドスライスを新しいボウルにあけ、混ぜ合わせておきます。

6.4のサブレ生地をオーブンから型ごと取り出し、混ぜ合わせた5をサブレ生地の上にのせます。※ゴンベラでのせるのは大変なのでスプーンを使うのがお勧めです。※フロランタンパウダーは熱により溶ける性質がありますのでササっと上にのせてくのがコツです。

7.170度のオーブンで12~15分焼きます。※焼き上がりの目安はフロランタンパウダーが溶け、アーモンドスライスに焼き色がつくまで。私の場合は20分かかりました。オーブンのサイズや機種によって焼き上がり時間は異なるようなので様子を見ながら焼いていきましょう。

これくらいにフロランタンパウダーに焦げ目がついたら出来上がりです!とても香ばしい香りがして美味しそうです!

8.1分ほど粗熱をとったら型にいれたまま8等分に切り分け冷えたら完成!

作ってみた感想

焼き型から外してみるとこんな感じでクッキー部分は薄めのフロランタンになっています。

カットしたフロランタンを持ち上げてみるとこんな感じです。持った感じは硬めのクッキーですがクッキー部分がサブレになっているので食感はサクサク、そしてしっかりと焼けたアーモンドがとても香ばしく焼き上がっています。

ちなみにクッキーの裏面はこんな感じです。

ココアの香ばしい香りと深みが口の中に溶けて、お菓子が苦手な大人の方でも楽しめる一品だと感じました。甘さが控えめなでお子さんと分けて食べるお菓子というよりかは、甘いものが苦手な男性へのプレゼント、またはお酒のおつまみ、大人のお菓子に向いていると感じました。
アーモンドがとても香ばしく焼き上がり、ココアの香ばしさと重なり合って何とも言えない深い味わいです。
クッキー生地があえてサブレになっている理由も食べてみてわかりました。サブレの方がよりココアの美味しさを引き立たせます。

作ってみて何一つ難しいと感じる点がありませんでした。初心者の方でも簡単にできますし、なにより既に軽量されて販売されているので味も保証されたも同然でしょう。通常のフロランタンよりは甘さ控えめなので甘党の方には向いていないかもしれませんが、個人的にはワインなどとの相性もよいクッキーだと思いますので、女子会でお酒を飲むときに振舞うのも良いでしょう。

ラッピングの仕方

  1. 粗熱をとったフロランタンを透明袋にいれます。
  2. ワイヤーリボンでねじって出来上がり

ラッピングもフロランタンキットの中に入っているのでわざわざラッピングを買いにく必要もありません。究極の時短プレゼントです。是非試してみてはいかがでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP-季節の食材
おすすめの記事