無印のドーナッツ型チョコを作ってみた!1度買ったら何度でも作れる?

無印のバレンタインシリーズ。今年(2021)は生チョコとこちらのドーナッツ型チョコを作ってみることにしました。『自分でつくる』シリーズなのでおうちじかんを充実させたい方にもおすすめの商品。またカラフルにデコレーションできるのでインスタ映え間違いなしです。お子さんと一緒にデコっても可愛いですね♡

しかし、この商品、チョコを型に流し込んで固めるだけとめちゃくちゃ簡易的なキットにもかかわらず790円と値段が少し高め。パッケージの外面だけみてもその値段の価値には気づくことができないかと思いますので、この記事ではドーナッツ型チョコを作る工程と値段の価値について話していければと思います。

目次

スポンサーリンク

無印のドーナッツ型チョコに含まれるもの

無印のドーナッツ型チョコに含まれるもの

  • チョコレート 25g
  • ストロベリー風味チョコレート 25g
  • 大豆パフ 14g
  • ペンチョコ(ホワイト) 1本12g
  • カラーシュガー3g
  • チョコ用モールド型 1枚
  • ギフト用ラッピング袋(タイ付き) 10枚

ライスパフではなく大豆を使っている所も健康的で無印らしい材料だと思いました。
湯煎したチョコレートに大豆パフを長時間いれてもしんなりしませんでした!しっかりとカリカリの食感が楽しめれるパフです。

自分で用意するもの

  • 約80度のお湯 適量
  • 約45度のお湯 適量

このキットの魅力はこれ1箱買ってしまえばお湯さえ用意するだけで簡単に作れてしまうこと!『無印のバレンタイン 自分でつくる』シリーズの中には生クリームなど追加で用意しなくてはならないキットもありますが、こちらの商品は材料、ラッピング全て入っているので他で買い出しをする必要がありません!
ずぼらな私のような人にはもってこい!

使用する道具

  • 冷蔵庫
  • ボウル(小3個)
  • スプーン(小)
  • はさみ

実際に作ってみた!

  ・チョコレートの中に水やお湯が入らないように注意しましょう。
・ボウルやスプーンなどの器具は水気のない綺麗なものを使用しましょう。
・湯せんのお湯が熱すぎたり、長時間かけると分離の原因になるので注意が必要です。

1.ボウル(小)にチョコレートをいれ、約80度のゆせんにかけて溶かします。

2.チョコレートを溶かして大豆パフを半量加えてスプーンで混ぜ合わせます。

3.2のチョコレートをモールド型のふちまでスプーンで流し入れます。この時のポイントは、湯煎した状態で行うこと、そして1個完全に終わらせてから次の型に流し入れること。冬は冷えるのが早くチョコレートが固まってきてしまいますので素早く1型を完全に埋めることを心がけてください。また、底の部分にきちんとチョコレート液を流し入れることで仕上がりがパフが見えない綺麗なチョコレートになります。

4.冷蔵庫で30分以上冷やし固めます。

5.モールド型からチョコレートを抜き(チョコレートを軽く押すとするっと型からはずれます)、皿の上に置きます。※底までチョコレートの液がいっていないものはこのようにパフが表に出てきてしまって見た目が悪くなります。チョコレートを固めるまえに底の部分にチョコが行き届いているか確認して固めると良いでしょう。

6.ストロベリー風味のチョコレートも同様に、残りのパフを使って同様に冷やし固めます。※モールド型良く洗ってから使うようにしましょう。

マグカップに約45度のお湯をいれてペンチョコをつけて柔らかくします。(目安:約3分)ペンチョコの先をはさみでカットします。

8.お皿にチョコレートを並べてペンチョコとカラーシュガーでデコレーションしていきます。

9.ペンチョコの部分が固まったらギフト用ラッピングに包んだら出来上がり!

パッケージの写真のデコレーションを真似して作ってみましたが、パッケージのように綺麗にデコレーションするにはピンセットがあった方がいいと感じました。

せっかち+デコレーションセンスがない私はパッケージのように可愛くできませんでしたが、皆さんは時間をかけて綺麗に自分流にデコレーションしてみてください。

少し高値の理由?

そもそもこのドーナッツ型チョコは型にチョコレートを流し込んでデコレーションをするというものです。材料も至ってシンプルでチョコレート、ペンチョコ、カラーシュガー、大豆パフなのに約800円は少し高く感じませんか?100均でこれら買っても600円程度に収まりそ~っと初めは思ってしまいました。

無印の自分で作るシリーズの生チョコもチョコの材料にとても可愛らしいギフト箱が含まれてドーナッツ型チョコよりも安い590円なんですよね。

しかし!!!このドーナッツ型チョコのキットには材料以外に『チョコ用モールド型』が含まれています。
お菓子作りのキットで簡易なものは使い捨てのものが入っていることが多いのですが、このモールド型かなりしっかりとした型なので洗えば何度でも使えます。

これはキープ確定です。
そのため、何度も使えるドーナッツ型のモールド型が含まれていることを考えると逆にお得なお値段だと感じることができました。
箱を開ける前まではモールド型もここまでしっかりしているものだとは思っておらず使い捨てのものだと思っていたので、これは嬉しい特典です!

関連記事

無印のバレンタインシリーズ:↓

バレンタイン関連:↓

作ってみた感想

私のようにデザート作りが得意でない方でも簡単に作ることができますが、パフを隠してチョコレートを固める作業と、カラーシュガーを飾る作業が不器用な人にっとては少し難しいと感じるかもしれません。
とても細かい作業になるので、手作業や細かい作業が好きな方は特に楽しみながら作ることができるでしょう。
大豆のパフが入ることで朝食によく食べるチョコシリアルのような味わいになります。私の旦那は美味しいし可愛いと喜んで食べてくれていました!
デコレーション作業が楽しいので食べるだけでなく作る過程も楽しむことができる商品です。
外出自粛で自宅で過ごす時間が長くなった今だからこそ少しでも喜びを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事