ブロック肉を使わないチャーシューレシピ!調味液の材料【ヒルナンデス】

2019/9/16に放送された『ヒルナンデス』では人気の「今さら聞けない!料理の超キホン検定』のコーナーで特別講師でお馴染みの五十嵐美幸シェフからチャーシューに関する問題が出題されていました。チャーシュー作りの基本とは?チャーシューを家で作ろうと思うととても難しいイメージがありますが、簡単にブロック肉以外でできる調理法を紹介されていました。その作り方とは?

スポンサーリンク

ブロック肉を使わないチャーシュー作りの基本・レシピ

【材料】

※分量は2人分です。

  ・豚肩ロース(2枚 とんかつ用 厚さ1.5~2㎝)
・サラダ油 大さじ1/2
(調味液)
・塩大さじ1/2
・ごま油大さじ1/2
・砂糖大さじ4
・醤油大さじ1と1/2
・揚げにんにく大さじ1/2
・八丁味噌大さじ1と1/2
・オイスターソース大さじ1/2
・玉ねぎのすりおろし 大さじ1
・パイナップルすりおろし 大さじ1

【作り方】

1.豚肩ロース(2枚 とんかつ用 厚さ1.5~2㎝)を筋切りします。
2.調味液(塩大さじ1/2、ごま油大さじ1/2、砂糖大さじ4、醤油大さじ1と1/2、揚げにんにく大さじ1/2、八丁味噌大さじ1と1/2、オイスターソース大さじ1/2)、そして玉ねぎとパイナップルのすりおろしを使っていきます。
3.調味液の9種類の調味料をボウルにいれて混ぜ合わせます。よく混ぜて八丁味噌を溶かしてきます。
4.混ぜ合わさったらそこに豚肉をいれて半日漬け込みます。
5.フライパンに油をしいて、そこに漬けておいたお肉をいれ両面焼いていきます(片面2分ずつ)。
6.油が出てきたらキッチンペーパーで拭いていきます。
7.2分位たったら、火を止めます。

 ポイント!片面2分焼き、もう片面2分焼きそこから火をとめて2分置くのがポイントです。余熱で火を入れてお肉を柔らかくすることできます。また切った時に肉汁が出てこないようにするためにお肉を休ませます。
8.あとは適切なさいずにカットしてお皿に盛り付ければ完成です。
 あえて焦がすことでカリっとした食感になるといいます。焦げすぎはもちろん宜しくありませんが、ちょっとの焦げは美味しさに繋がるようです。
スポンサーリンク

五十嵐美幸シェフの他レシピ

まとめ&感想

いかがでしたか。お肉の調味液の材料を全て調達するのは少し難しそうだなぁと感じましたが、それでもこのつけダレさえ作ってしまえばお肉をつけて焼くだけなのでとても簡単なチャーシューレシピだと感じました。パイナップルは季節にならないと販売されていないこともあるので、缶詰のパイナップルをフードプロセッサーでこまかくしても代用できそうですね。是非試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事