TF(卵ふわふふわ)の作り方!静岡のご当地料理レシピ【ヒルナンデス】

2019/9/11に放送された『ヒルナンデス』ではレシピ本が22万本も売れている大人気の家政婦マコさんが3時間で何品作る?節約&時短技を使ってあらゆる料理を披露されていました。静岡のご当地料理として紹介されたのが『TF(たまごふわふわ)』です。静岡のご当地料理で出汁の上にメレンゲ状の卵を流し入れ江戸時代東海道袋井宿で朝食として出されていたものだといいます。その作り方とは?

TF(たまごふわふわ)【材料】

 

・卵 2個
【調味料】
・水 約50㏄
・白だし

※分量はテレビの映像をみて予想した数値ので正確なものではありません。
白だしは入れている映像がありませんでしたので分量がわかりません。すみません。

スポンサーリンク

TF(たまごふわふわ)【作り方・レシピ】


1.卵をボウルにわり、ハンドミキサーでしっかりとかき混ぜます。
2.水と白出汁をいれてフライパンを加熱します。
3.1が泡立ったら、沸騰した2に投入し加熱していきます。
4.するとふわふわに膨れ上がってきます。
5.そしたらフライパンのまま鍋敷きに置いてだし、スプーンですくって食べていきます。

味は茶碗蒸しのようで、ふわふわした食感だといいます。

家政婦マコさんの出版本



家政婦マコさんの他レシピ

まとめ&感想

スフレ風オムレツと言えばカフェで人気のメニューですが、江戸時代のころからスフレ風にした卵料理が食べられていたことに驚きました。今だからこそハンドミキサーなどの機械があり調理の手助けをしてくれますが、以前はこの卵をかき混ぜるのにかなり苦労されていたことが予想できます。しかし、ふわふわしたものを食べたいという感覚は同じということですね。とても面白いな~と思いました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事