ぶどうの白い粉は何?農薬?カビ?洗って取った方がいいの?

スーパーで購入してきた果物に白い粉が付いていたら農薬?カビ?と疑ってしまいませんか?特にぶどうには白い粉が付いていることが多く食べても大丈夫なのか心配になりますよね。

白菜も同じように黒い斑点が付いているとごしごしと洗って落とそうと努力しがちですが、それはとても勿体ない行動です。白菜のあの斑点はポリフェノールの一種の為食べても問題なく、ましてや栄養がより含まれている証拠ですので積極的に摂取していきたいところです。

ぶどうの白い粉に関してもそれと同じような特徴があるので、詳しく紹介していきたいと思います。

目次

スポンサーリンク

ぶどうの白い粉は何?

ぶどうなどの果物の皮の表面についた白い粉は『ブルーム』と呼ばれ、果物の水分の蒸発を防ぐために実から分泌された天然物質です。

ブドウが乾燥するのを防ぐ性質があるため、スーパーで買ってきたブドウに白い粉が付いているからと洗ってから保存すると、水分の蒸発を促す結果に繋がりかねません。

白い粉はブドウをみずみずしく保つ役割をしてくれているので、洗わずにそのままの状態で保存しておきたいですね。ちなみに野菜室で保存する場合はペーパータオルまたはラップで包んでポリ袋にいれて保存すると良いですが、日持ちしないのでなるべく早く食べると良いでしょう。

 

また、このブルームが付いているぶどうは新鮮で熟した証拠でもあります。その為、鮮度の目安として白い粉がついているものを選ぶと美味しいぶどうを選ぶことができます。

洗って落ちる?

ブルームは前述したとおり天然物質なので食べても問題ありません。白い粉を洗ってみても簡単に落ちるものでもないので、頑張ってごしごし洗う必要もないかと思います。

洗う前。白い粉が付いている状態。

軽く冷水で洗った後。少し艶が出た箇所はあるものの、全体的に白い粉は落ちていませんね。

 

農薬やカビだと思って必死になって白い粉は落とす必要がないので軽く洗う程度で大丈夫です。

ぶどうの皮は食べても大丈夫?


ブドウが旬の夏場には国産のぶどうが市場に出回りますが、アメリカ種やヨーロッパ種などの輸入品は冬場でも市場に出回っていて輸入のための保存添加物や農薬が散布されているのでは?と疑ってしまいませんか?

 

私の旦那がアメリカ出身でぶどうがとにかく大好きなんです。アメリカで食べていた時と同じ感覚で日本でもスーパーで買ってきたものを洗わず皮ごとそのまま食べます。日本人の私からすれば輸入品だから農薬には本当に気を付けてほしいのでせめて洗ってほしいと思います。

私がニュージーランドに留学していた時もヨーロッパ出身の生徒が箱でぶどうを買ってきて洗わずにバスの中でそのまま皮ごと食べていたのを見た時も衝撃でしたね。外国の方はフルーツは洗わずにそのまま食べる方が多い印象です(私の周りだけかもしれませんが)。海外はオーガニック製品が多いのでしょうか。食料自給率が低い日本では輸入品が多いのも現状です(輸入の農産物にはカビやや害虫の被害から守るために収穫後に使用するポストハーベスト農薬というものが使われている可能性があります)。さらに潔癖思考の我々からしたら考えられない行動ですよね。

しかし彼らの行動からわかることは、細かいことを気にしなければ皮ごとそのまま食べられるということです。笑

 

最近では日本のスーパーで販売されているぶどうのラベルに『皮ごと食べられるぶどう』と書かれているものがあります。

では皮ごと食べられると記載のないただの『ぶどう』は皮ごと食べていけないの?という疑問が浮かびますよね。

そんなことはないと思います。

『皮ごと食べられる』と記載のあるものは農薬を使っていなかったりそのまま食べられるように試行錯誤して育てたぶどうで他のブドウとの差別化のためにラベルにそのように記載されていると思います。

通常のぶどうも皮ごと食べることができますが、農薬が散布されている可能性があるのでしっかりと洗い落としてから食べる必要があります

農薬が気になるし、洗うのも面倒くさいという場合は、有機果実を選ぶと良いでしょう。日本ではJAS法で有機農産物の厳密の規定が定められている為、農薬使用を中止して3年以上経過して堆肥などによる土づくりをした農地で栽培された農産物のみ『有機農産物』と呼ぶことができます。また、JAS法に基づく有機JAS規格の認証を受けた有機農産物および有機農産物加工食品は有機JASマークが付与されます。有機のものを探す際の指標となりますので覚えておくと良いでしょう。しかし、これら有機農産物は高値になる場合が多いのが欠点。体への投資と考えれば悪くないかもしれません。

また、ぶどうの皮にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが多く含まれているため、眼精疲労や動脈硬化やがん予防に効果が期待されています。

その為、食べなければ勿体ない部位です。農薬が付いてる可能性があるものはしっかりと洗い、農薬を使わずに栽培されたぶどうであれば軽く洗ってそのまま皮ごと食べたいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事