スイカの甘い部分が食べられる切り方!甘いスイカの選び方とは?

2019/8/7に放送されたテレビ東京系バラエティー番組『ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?』では夏を快適に過ごす新常識としてどこから食べてもスイカの甘い部分が食べられるスイカの切り方を紹介されていました。その切り方とは?

スポンサーリンク

スイカの甘い部分が食べられる切り方!


スイカを切るときは端から切るのではなく、真ん中からまず切り、半分になったスイカのてっぺんになっている部分から包丁をいれてスイカが三画になるように切っていくと、どこから食べても甘くなります。つまり、スイカの中心から放射線状に切ると甘さが平等に分けられます。

実は半月型のスイカをそのまま縦に真っすぐ順に切っていく切り方だと真ん中のピースを取った人しか甘くない状態になります。

フルーツアーティストの第一人者平野泰三さんは「スイカで一番甘いところは中心です。中心を平等に分けるようにして着ればみんな甘くなります。」と解説されていました。

確かにこの間特大のスイカが1000円と破格の金額で販売されていたので、半分に切って、半月型にしてから端から縦に切っていきましたが、真ん中部分が甘く、皮に近い部分はサラダのような甘くないスイカでした。中心部分を均等に分けて切るというのは納得です。特にお子さんがいらっしゃる家庭は真ん中が取り合いになったりしますよね。この切り方であれば兄弟同士での争いもなくなりそうです。

スポンサーリンク

甘いスイカの選び方


テレビ朝日の『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』では美味しいスイカの選び方を紹介されていました。青果店のご主人によると、「スイカの美味しい目利きの仕方は丸くて縞模様が入って色が良いものが一般的に美味しいと言われています。しかし、ご主人の経験上ちょっと形が悪くても細長い楕円形のスイカの方が実がしまってて美味しい」と話されていました。

この間父親にスイカをプレゼントしたのですが、私の父も同じように「最近気づいたんだけど、楕円形のスイカの方が甘くておいしいんだよ」と話していたのを思い出しました。

一般的には丸くて色が良いものが美味しいと言われていますが、私も楕円形のスイカが甘くておいしいと感じるタイプなのでまだ試したことがない方は是非試されてはいかがでしょうか。

まとめ&感想

いかがでしたか。夏といえばスイカ!美味しい部分は中心ですのでみんなが平等にその美味しさを味わえるように切り分けてはいかがでしょうか。また楕円形のスイカをまだ食べたことがないという方は是非楕円形も試してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事