カツレツレシピをホテル椿山荘がテレビで紹介!作ってみた感想や難易度は?
出来上がり~!!!

2020/6/30に放送されたテレビ番組『ヒルナンデス』の最近私のお気に入りのコーナー「一流ホテルのレシピTV初公開」という企画で今回はホテル椿山荘東京の凄技チェフが伝統の名物料理・レシピを伝授してくれていました。

とても美味しそうだったので実際に作ってみました!味や作った工程の感想や難易度・おすすめ度もあわせて紹介していきたいと思います。

ホテル椿山荘のミラノ風カツレツレシピ

イタリア料理担当のシェフである田畑成さんが、コトレッタ・アッラ・ミラネーゼというミラノ風カツレツの作り方を紹介くださっていました。

材料

・仔牛リブロース 200g
・小麦粉 適量
・卵 1個
・細かいパン粉 70g
・パルメザンチーズ 20g
・オリーブオイル 200cc
・フルーツトマト 2個
・バター 20g
・エクストラバージンオイル 15cc
・塩・胡椒 少々
・バジル 3枚
・刻みにんにく 2g

ちなみに仔牛のリブロースでなくとも、豚肉・牛肉・鶏肉なんでも応用可能。厚さ3cm程度あるお肉を用意しましょう。

作り方

【カツレツ】
1.お肉は叩いて薄く伸ばしていきます。厚さ3cmから薄さ5㎜程度に伸ばしていきましょう。このように伸ばしていくことで火が通りやすく肉質が柔らかくなります
2.お肉の両面に塩・胡椒少々ふります。
3.衣を作っていきます。まず卵液のポイントは衣にパルメザンチーズ10gを削りいれて、少しオリーブオイルを入れることです。これをすることにより衣・肉にチーズの味・香りがつきます。
4.パン粉70gにチーズ10gを削り入れます
5.準備ができたら、お肉に小麦粉をまぶし、チーズ入卵液をつけ、チーズ入りパン粉を順につけていきます。
6.包丁を裏にしてお肉を軽く押して模様をつけます。模様をつけることで火の入りが均等になります。
7.オリーブオイル200ccをフライパンにいれて温めます。模様のついている面から揚げていきます。ポイントは、フライパンを揺すり絶えず油をかけ続けることです。これで均一に油が回り香ばしく仕上げることができます。
8.ひっくり返して絶えずゆすりながら油をかけ続けます。仕上げにバターを入れます
9.両面が黄金色に挙がったらキッチンペーパーで油を落としてカツレツ完成です。
【ケッカソース】
1.トマトのヘタをとり、お尻に切れ込みをいれて熱湯にいれ湯剥きします。ポイントは丁寧に皮を剥く事
2.湯剥きしたトマトは横にスライスし、1cmほどのサイコロ状にカットしたらボウルに入れます。
3.刻みにんにくをトマトに入れます。
4.塩胡椒、エクストラバージンオイル15ccをいれたら、仕上げにバジルを3枚ちぎって入れます。手でちぎると香りが立ちます。これでソースも完成!

カツレツにケッカソースをかけたら完成です。

スポンサーリンク

実際に作ってみた♡

カツレツとソースは同時進行で作っていきます。料理の最後に粉を付けて揚げる工程になっています。粉はつけっぱなしにするとべっちゃりとしてカラッと揚がりづらくなってしまうので、途中でソースを作っていきました。

1.厚さ3㎝程度の豚肉をまな板の上にのせます。

2.お肉を叩く道具がある方はそちらを使い、ない方はポリ袋をお肉の上に敷いて麺棒で叩いていき薄さ5㎜程度にしていきましょう。

こんな感じで薄く平べったくなるまで頑張りましょう。

3.お肉はバットにいれて両面塩コショウします。

4.トマトはヘタを取ります。

5.にんにくをみじん切りに切りボウルに入れます。

6.トマトのお尻に十字の切れ目をいれて熱湯に入れ、皮むきをしっかりと行っていきます。

7.皮を剥いたトマトは11㎝程のサイコロ上にカットします。

8.ボウルにいれてラップをし、冷蔵庫で冷やしておきます。

9.ボウルに卵、パルメザン10gとオリーブオイル少々を加えて菜箸で混ぜます。

10.別のボウルにパン粉70gをいれてパルメザン10gを入れます。

11.お肉に小麦粉をまぶします。

12.卵液につけます。

13.パン粉をまぶします。

14.包丁を裏にしてお肉を軽く押し模様をつけます。

15.フライパンにオリーブオイル200㏄入れて温めていきます。

16.模様をつけた面を下にして揚げていきます。揚げるときはフライパンを揺らし続け、スプーンを使って油をお肉にかけて加熱していきます。

17.ひっくり返して絶えずゆすりながら、仕上げにバターを加えます。

17.両面が揚がったらキッチンペーパーの上に置き、油を落としてから食べやすい大きさにカットします。※金串や竹串を指して引き抜いたときに透明な汁が出てきたら中まで火が通っています。

18.トマトのボウルを取り出し、オリーブオイル、塩コショウ、ちぎったバジルを加えてソースも完成!私はバジルの葉が買えなかったので乾燥バジルを代わりにいれています。

盛り付けたら出来上がり~!!!

感想や難易度は?

感想

ケッカソースは元々好きでよく作っていましたが、トマトの皮を剥くというのは知りませんでした!通りで家庭の味になっていたわけです。今回しっかりと皮を剥いてケッカソースを作ったらまさにお店の味!!びっくりしました!
また、カツレツに関しては以前オーストリアの高級レストランで食べたカツレツを思い出させる味!食感!まさにホテル級の美味しさです。これが家庭で食べれるのは本当に嬉しい!めちゃうまです!!!!

1つ私が作ったもののトマトのカットが大きかったので写真映えが難しくなりました。味は同じなので問題ないのですが、映えを狙うのであればトマトはもう少し小さめに切った方がいいかもしれません。それか、掛けすぎかな?写真撮影も日々研究中です・・・・w

【偏食アメリカ人の夫の反応】
「これはレストラン級!家庭の味とはかけ離れている。めちゃくちゃ美味しいからまた作って!」とのことでした。和食や魚介系の料理を作ると美味しくないと全く食べてくれない彼。洋食を作ると決まって美味しそうに食べてくれますが、今回のカツレツは特別に美味しかったようで何度も「美味しい」を連呼していました。笑 リピートレシピとしてノートに保存したいと思います。

難易度

通常のカツレツよりも少し手間がかかりますが、難易度で評価すると難しくはありません。
ポイントとして紹介されていた内容は全てどなたでもできるような簡単な工程です。ただ手間が追加されただけです。この手間を惜しまないだけでこのホテル級の美味しいカツレツが作れるのであれば、今後もこのやり方で作りたいと思えると思います。
料理初心者は揚げ物自体苦手かと思うので☆は2つにしました!普段から揚げ物を作っているという方はこのポイントを抑えて家庭の味からレストラン・ホテルの味に格上げされてみてはいかがでしょうか。

おすすめ度

手間はかかりますが、時間がある日でも構わないので一度は試していただきたいレシピです!本当に美味しくてびっくりします!また、このご時世家で食事する方も増えていて家庭の味に飽きてきている方も多いのではないでしょうか。そんな時にこのカツレツが活躍してくれます!ちょっとレストランに出掛けた気分にさせてくれますよ。是非試してみてはいかがでしょうか♡

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事