ソムタム作り方!青パパイヤの代用はどこでも手に入るあれでできる?

フルーツなのに激辛タイ料理!驚きの青パパイヤのサラダ『ソムタム』をご存じですか?

 

私が初めてこの料理に出会ったのは20年前でしょうか。まだ幼かった私にとってフルーツのサラダが辛いとは衝撃的でした。

 

しかし、不思議とその辛さと甘さ、そして甘酸っぱさに魅了されてしまいます。

 

新型コロナウイルスの影響で海外にもレストランにも足を運びにくくなったこの時制なので、

 

パパイヤの代用品を使用して自分で家で作ってみることにしました。

 

日本でも簡単で安価で手に入る食材を使っていきます!驚くほどめちゃくちゃ簡単です。

 

家族にもとても好評だったのでそのレシピを紹介しています。

目次

スポンサーリンク

ソムタムの作り方【材料】


4人分

 ・にんにく 2かけ
・唐辛子 1本~3本(1本は辛い人が苦手な方、2本で全体に辛さが絡みます、3本以上からは辛いもの好きの方)
・リンゴ 1個(これが青パパイヤの代用食材!)
・冷凍インゲン(解凍したもの) 3~4本
・トマト 1/2個
・ナッツ(ピーナッツまたはアーモンドがおすすめ) ひとつかみ分
・ナンプラー 大さじ1
・ライムまたはレモン汁 少々
・三温糖 小さじ1~
・好みで乾燥サクラエビ トッピング用

唐辛子は手に入るのであれば生のものがいいです。次に冷凍、そして次に乾燥したものです。理由はすり鉢でつぶしていくので生のものの方が潰しやすいんですよね。
乾燥のものでも問題ありませんが、するのに少し力が必要になります。

いんげんは生でも冷凍のものでも構いませんが生のものを使う場合は一度下茹でしておいてください。

ソムタムの作り方【作り方】

1.皮を剥いたにんにく、唐辛子をすり鉢にいれます。※子供が食べる日だったので唐辛子は1本にしています。本当は辛党ですが。

2.綿棒で潰します。ニンニクは強めに潰すと飛んでいくので優しくじっくりと力を入れる感じでつぶしましょう。

3.いんげんは3~5㎝、トマトは角切りにします。

4.ナッツを入れてさらに潰していきます。

5.ナンプラーと三温糖を加えます。

6.カットしたトマトを加えて軽く潰します。

7.いんげんを加えてサッと混ぜ合わせます。

8.千切りにしたリンゴ(皮つき)を加えて混ぜ合わせます。

9.最後に数滴のレモン汁をかけます。ライムのしぼり汁の方がいいですが、売っていなかったのでレモン汁で代用です。

10.真ん中によせて山を作りサクラエビをトッピングしたら出来上がり!

他東南アジア料理

自宅で簡単に作れるタイ料理のレシピを紹介しています。

作ってみた感想

難易度

超簡単!所要時間に関しても料理に慣れている人であれば5分以内で作り終えられます。

料理初心者の方は唐辛子の扱いだけ気を付けてください。

 

すり鉢で唐辛子を潰した後に素手で唐辛子を触ってしまった場合は目などに触れないようにしましょう。

唐辛子の中身を触ると手に唐辛子の刺激が付着しますので注意が必要です。

基本的にカットして潰して混ぜるだけなのでとても簡単かと思います。

 

お酒のおつまみに出しても美味しいですね。特にライト系のビールに合うと思います。

美味しい?

リンゴを使っていますがそこまで違いがわからないくらい味付けでカバーされています。

 

もちろん青パパイアが持つ食感は再現できませんが、

 

リンゴを使用しても丁度良い甘さが広がるのであっさりとしたサラダでとても美味しかったです。

両親と兄夫妻が私の家に遊びに来た時に振舞ったのですが、唐辛子は2本入れても良かったといわれました。

 

辛い刺激をより求めていたようです。

 

辛いのがもともと苦手なメンバーだったので驚きましたが、リンゴの甘さがあるのでリンゴを使う場合は唐辛子を気持ち多めにいれてもいいかもしれません。

 

また、母親に関しては『青パパイア手に入ったんだ~』とリンゴであることにも気づいていませんでした。

 

家族にとても好評で私の家族はタイのバンコクに3年ほど滞在したことがあるのですが現地の味に近いと絶賛してくれました!

 

私の旦那もタイ料理は大好きであっさりとしていて辛く低カロリーのものが好きなので美味しいと食べてくれていました。

追記:青パパイヤが手に入ったので青パパイヤでも作ってみた

材料

3~4人分

 

・青パパイヤ 半個
・ミニトマト 4個
・茹でインゲン 3本
・にんにく 3かけ
・唐辛子 4本
・ピーナッツ 一握り分 50g程度
・干しエビ ひとつかみ
・黒糖 小さじ1
・ナンプラー 大さじ1
・カットライム 1個

青パパイヤのカットの仕方は下記記事で紹介しています。☟

作り方

1.青パパイヤは皮をむいて種をとり、写真のように半分にカットします。

2.縦に薄切りにします。

3.細切りにします。

4.ミニトマトは半分にカット。いんげんは茹でて5㎝幅にカット。ニンニクは皮を剥きます。

5.唐辛子はヘタをとります。

6.すり鉢にニンニクと唐辛子を入れて綿棒でつぶします。

7.ピーナッツも加えて潰します。

8.干しエビも加えてよく混ぜます。

9.青パパイヤ、いんげん、トマトを加えてよく混ぜ合わせます。

10.カットライムを絞ります。※種があるものを使用する場合は種が入らないよう注意しましょう。

11.ナンプラーと黒糖を加えてよく混ぜあわせたら出来上がりです!

すり鉢にはいった状態で食卓に出した方がなんだか本場っぽい。

やはり青パパイヤで作ると完全に本場の味になります。

個人的には唐辛子を4本(今回は激辛と書かれた唐辛子を使用)使うと、

ピリッとしたタイらしい辛さになると感じました。

また、通常のトマトよりもミニトマトの方が汁っぽくならないのでおすすめです。

私はりんごのソムタムも結構好きでした。

青パパイヤはフルーツの甘みが一切感じられませんが、りんごにはほんのりとした甘みがあります。

辛みと甘みがいい具合に合わさるのが良かったです。

皆さんの参考になっていたら嬉しいです♡

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事