【ハナタカ】アーティチョークの食べ方!どんな味?食感は?

2019/6/27に放送された『日本人の3割しか知らないこと、くりーむしちゅ~のハナタカ!優越館』では野菜ソムリエの森之翼君が最近スーパーで見かける珍しい野菜としてアーティチョークを紹介。確かにアーティチョークってみたことあっても調理法がわからなくてなかなか手に取ることってないですよね。
番組ではアーティチョークの食べ方を紹介されていました。

アーティチョークとは?


キク科チョウセンアザミ属の多年草。和名はチョウセンアザミ(朝鮮薊)といわれています。表面はギザギザして硬いので蕾の中を食べる野菜です。見た目はお花のような感じです。

若いつぼみを食用とされていて、地中海沿岸が原産になります。

スポンサーリンク

アーティチョークの食べ方


野菜ソムリエの森之翼君のお勧めの食べ方は塩ゆでして蕾の中を食べていきます。蕾の中を食べていくので壱枚一枚剥がしていく感じで食べていきます。ほくほくとした食感で味はゆり根やソラマメに近いそうです。

調べてみたところ、電子レンジで加熱して食べている方もいらっしゃるようです。鍋を用意するのが面倒くさいという方はアーティチョークをラップでくるんで500wで約3~4分加熱するとほくほくの状態になるようです。ドレッシングや塩などお好みの味付けすれば簡単に食べられます。

ハナタカ2019/6/27放送内容

日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館

『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』は、テレビ朝日系列で2015年4月5日より放送されているバラエティ番組。くりぃむしちゅーの冠番組。略称は『ハナタカ』。

まとめ

アーティチョークを見つけた際は是非試してみてはいかがでしょうか。私も八百屋に行ったら探してみたいと思います。もし見つけましたら、実際に調理した内容なども紹介させていただきます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事