生パスタの長期保存法!野菜と茹でる?スナックパスタの作り方【ハナタカ】

2019/9/26に放送された『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館|テレビ朝日』では、専門店がみんなに教えたいSPというコーナーでは、パスタの専門店がパスタに関する蘊蓄(うんちく)を紹介されていました。これを知っておくだけでハナタカに?

スポンサーリンク

生パスタの長期保存方法とは?


乾麺のパスタは保存期間が長く使い勝手がいいイメージですが、生のパスタの保存って長いイメージはありませんよね。乾麺よりももちもちしているのでなるべく生パスタを使いたい!と思っていても家にいつもストックがあるわけではないので、スーパーに買いに行く手間がある印象ですよね。

しかし、番組内で株式会社プリマ・パスタの代表取締役である工藤保夫さんは、「冷凍する前に一度茹でてから保存すると、大体1~2ヶ月保存が可能」と解説されていました。

これは嬉しいですね。そのまま冷凍するとパスタのコシがなくなってしまうので、せっかくの生パスタの美味しさが軽減してしまいます。しかし、茹でてから冷凍することで麺に弾力がうまれてキープすることが出来るというのです。

また、解凍方法はとても簡単で、電子レンジでチンをして解凍し、そのままソースに絡めると良いとのことです。

ちなみに、以前『ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~:テレビ東京』では乾麺のパスタを生パスタのような味わいにする方法を紹介されていました。その方法は下記記事で紹介しています。

スポンサーリンク

乾麺のアレンジ料理


『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館|テレビ朝日』では株式会社プリマ・パスタの代表取締役である工藤保夫さんが乾麺を美味しくするアレンジレシピとして、パスタのパリパリのスナックパスタを紹介されていました。その作り方は?
1.パスタを半分に割って水に浸して置くことで柔らかくします。
2.アルミホイルの上にパスタをのせて塩をのせてオーブンで焼いたら出来上がり。

さらに、工藤さんは、パスタをバットの上に細かく砕きます。それを揚げ物の衣がわりに使うことを紹介されていました。
パン粉とは異なりパリパリの食感になるようです。これもとても美味しそうですね。見た目も異なりますので、アレンジ料理としては最適ですね。

イタリアンの名店である『バンカレッラジョイア』のオーナーシェフである田澤弘さんが名店パスタの作り方を伝授されていました。そのレシピは下記記事で紹介しています。

パスタ専門店が教えてたい3つのハナタカ

1.乾麺の袋の開け方に注意!

工藤さんは、パスタの袋は横から切った方がいいとお勧めされていました。パスタの袋は横を端まで切ります。そうすることで、1人前分のパスタも取りやすくなりますし、折り曲げるのも中に空いたスペースが出来るので簡単になります。横に切って輪ゴムを端2カ所につけて保存しましょう。

パスタを茹でる時は最初にしっかり混ぜる?

パスタを茹でた後お湯を切る際にパスタが鍋底にべっとりついてしまうことってありますよね。それを防ぐ方法は、パスタを入れた最初にしっかりかき混ぜることです。麺をお湯にいれるとお湯の温度が下がるので沸騰がおさまり面が鍋底で固まってしまいます。鍋の底に麺が固まってしまう結果に。その為、再沸騰するまで麺をかき混ぜることで底に麺がくっつきにくくなるということです。

ちなみにそうめんなどの麺は牛乳と少量いれて茹でることで麺が鍋底にくっつかなくなるほか、牛乳の栄養も摂取少量ではありますが摂取できますよ!

また、パスタに深みを入れてコクを出す場合は、『野菜くずと一緒に茹でる』と良いとのことです。
にんじんやキュウリの頭のヘタの部分など野菜のカス、本来なら捨ててしまいますよね。その野菜カスを一緒にいれて茹でることで野菜の出汁が出てパスタが吸ってくれるので美味しく仕上がります。

この原理でいったら、昆布や煮干しなど出汁が出るものであればどれでも美味しくなりそうですね。以前某番組でパスタは醤油と一緒に茹でることで和風パスタが断然美味しくなるということを紹介されていたのを覚えています。

つまり、どんな味付けをするかで出汁のベースを決めても良いということです。トマトベースのソースと絡める場合は野菜のカスと茹でると美味しそうですね。

湯切りをしないでソースを絡めろ?

パスタといえば湯切りをする方も多いですが、パスタはゆで汁のでんぷん質が乳化を促しソースの水分と油分を混ざりやすくする特徴があります。その為、ゆで汁は捨てずにソースと絡める際に使用するようにしましょう。
湯切りをしないので、トングなどで麺を掴んでそのままフライパンにいれてソースに絡めるのが簡単な方法です。後はおたまなどでゆで汁を少量すくってソースと絡めましょう!

粉チーズはのタイミングで

工藤さんは、粉チーズのタイミングを変えることでチーズの風味が全然変わってくると紹介されていました。粉チーズといえば、出来上がったパスタをお皿に盛った後、好みでかけるのが一般的ですよね。しかし、工藤さんは、『粉チーズはフライパンの上にかけると風味が出て美味しくなる』というのです。これはフライパンの余熱を利用することで粉チーズのとろみがでて、ソースとパスタに一体感が生まれてより美味しくなるといいます。

食べる直前にかけるよりも、フライパンの上で仕上げに振りかけたほうが、深いコクとまろやかさがでるといいます。

是非試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事