きのこスープ簡単レシピ!ミキサーを使って温めるだけ?超時短!

きのこはお財布にも優しく栄養価も高いため、普段の食事に取り入れたい食材です。しかし、レパートリーがなくなってしまったなんて方もいるのではないでしょうか。

そんな方に是非試していただきたいのがミキサーを使って超簡単に作れるきのこスープです。それではレシピを紹介していきます。

目次

スポンサーリンク

きのこスープの簡単レシピ

材料

 ・冷凍きのこ数種類(しめじ、えのき、エリンギ、舞茸などなんでもOK)
※冷凍の方が栄養価が高くなりますが、冷凍がない場合はそのままでも大丈夫です。
・牛乳 700㏄
・コンソメ粉末 9g
・トッピングにパセリなどのハーブ お好みで
今回私は、しめじ、舞茸を半袋分ずつ使用しました。

作り方

1.ハンドミキサーがある場合は冷凍きのこと牛乳を鍋にいれて火にかけます。※通常のミキサーしかない場合はミキサーにこれら材料をいれて混ぜてから鍋にいれて熱し沸騰する直前で弱火にします。

2.ハンドミキサーできのこを砕いていきます。※通常のミキサーを使用した場合は3に進んでください。

3.沸騰する直前に弱火にしてコンソメを加えてよく混ぜまたら出来上がり!

たったこれだけで簡単にきのこスープが作れます。
きのこの種類は私はマイタケ、しめじ、えのき、エリンギを使用するのが好きです。
マッシュルームもコンソメとの相性が良いと思いますが、シイタケに関しては独特の出汁がでるのでコンソメではなく和風だしで仕上げると美味しくなるかと思います。

なぜ冷凍キノコを使用?

キノコは冷凍することで細胞が傷つきうま味が増えるほかに、栄養の吸収率がアップします。

例えばえのきには糖の吸収を抑えて体外への排出に効果が期待できるキノコキトサンが含まれていますが、冷凍することによって細胞壁が膨張して破壊されます。その為、調理中に細胞壁の中から出てきたキノコキトサンを吸収することができると考えられています。
エノキの凄い効能は下記記事でより詳しく紹介しています☟

他きのこの効果効能や食べ方などは下記記事で紹介しています☟

作ってみた感想

濃厚でドロドロとしたスープになります。超簡単、時短重視しているので濾したスープではないぶん、具材の舌触りが気になるかもしれませんが、濃厚できのこのうま味がより感じられる仕上がりになっています。
きのこが苦手なお子さんがいる場合、きのこ感が強すぎるのでキノコを隠しきれませんが、キノコが大好きな方は間違いなくこのザラザラとした舌触りも楽しみながら味わっていただけると思います。

皆さんの参考になっていたら嬉しいです♡

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事