しその実の食べ方!漬物(醤油・めんつゆ・塩)を比較!美味しいのは?

しその実はしその穂と呼ばれることもあるようですが、最近八百屋さんでシソの実が売られているのを始めて目にして気になったので購入してみました!しその実のレシピを調べたところ、漬物として食べられている方が多く、醤油漬け、塩漬けが特に多く感じました。どの調味料で漬けるのが美味しいのか気になったので今回3つの調味料で検証してみました!

スポンサーリンク

シソの実の食べ方

一般的にシソの実は天ぷらにしたり、塩漬けや醤油漬けなどにした漬物、そして佃煮もメジャーな調理法のようです。今回シソの実を購入した八百屋さんには野菜アドバイザーの方がいるので、聞いてみたところ、やはり「穂の部分をちぎりとって、佃煮にすると美味しい」と言っていました。

また、アクがある食材なのであく抜きも必要になります。生食で食べている人も多いようですが、あく抜きで下処理をするのが基本です。

シソの実のあく抜き方法

そんなにあくが強いわけではないので、サッと下茹でするのみOK!やり方は簡単です。
1.よく洗って、しその実は茎の部分から穂先まで親指と人差し指で摘まんでしごきとります。そのまま鍋で下茹でをしていくのでしごいた穂の部分は鍋にいれていきます。

 ここでのポイントは手袋をして行うことです(私は手袋を切らしていたのでしていませんが。笑)手袋をしないと、手が茶色くなります。お風呂で洗えば1日で取れますが気になる人は手袋を付けると良いでしょう。
また、小さい穂は親指と人差し指でつまんでするする~と穂先まで押し当てながらしごきとることが出来ますが、穂が大きくなっているものはそのままプチプチっと取れないので、1つ1つちぎってとっていきましょう
2.適量のお水、塩は多めにいれて茹でていきます。

3.約30~40秒茹でたら、ザルにあげて冷まします。

下茹でしてまだ味をつけていない状態で1口食べてみましたが、まだ青臭さが少し気になります。下処理してもこの状態なのでやはり生で食べるのはあまりお勧めできませんね。
スポンサーリンク

しその実は何に漬けると一番美味しい?特徴は?


今回は一番多かった、塩と醤油漬け。そして私の大好きなめんつゆ(本つゆ)で漬けてみました。それぞれ違った味の特徴とそれにあった調理法があると感じたので紹介していきます。

しその実の塩漬け

下処理したしその実に実2:塩1の割合で和えれば完成!下処理の塩ゆでの際に塩を大量に入れて既に塩の味がかなりついている場合は塩の量を少なめにしましょう。あえて保存容器にいれて冷蔵庫で保存します。
これはそのまま食べるというよりは、調味料として使えると感じました。また、塩と混ぜたあと1~2時間冷蔵庫で寝かせた方がシソの味がより強くなります

この塩漬けはお魚の塩焼きをするときにお魚の切り身に塩代わりにすりこませるとより美味しくなるでしょう。イワシをシソで巻いたり、お刺身の横にシソの実を置いたりとしそはよくお魚料理に使われます。しその塩漬けはそのままで食べると塩気が強すぎますが、料理の調味料として使うとよりその料理が美味しくなると感じました。

お魚だけでなく、お肉も美味しいでしょう。特に脂肪分の少ない鶏肉を焼くときにかけても美味しいですし、BBQの際にお肉をこのしその塩漬けで下味をつけておいても美味しいと思います。

しその実の醤油漬け

保存容器にあく抜きをしたシソの実をいれて、それが浸る位醤油をいれます。私は今回濃い口しょうゆでつけました。冷蔵庫で1~2時間程度つければ美味しく召し上がれます。しかし、これもそのまま食べるのは塩分が濃くて美味しくありません。

しその実の醤油漬けは、納豆に混ぜて食べたり、卵かけご飯にかけて食べたり、醤油をかけて食べる料理に代用して使うと美味しいですよ!特に和食であればなんでも合いますね。また、醤油なので冷ややっこにのせて食べても美味しいと思います。

しその実のめんつゆ漬け

この中で私が一番美味しいと思ったのがこのめんつゆ漬けでした。やはり出汁がきくと美味しくなりますし、これであれば調理に使わなくてもそのままおつまみとしても食べれちゃいます。私が今回使ったのはキッコーマンの濃いだし本つゆ4倍濃縮です。醤油と同様、保存容器に実をいれてひたひたになるくらい本つゆをいれます。冷蔵庫にいれて1~2時間程度寝かせれば完成です。

そのまま食べても良し!出汁がきいているので醤油と同様、卵かけご飯にかけても良いですし、調味料として使っても良いでしょう。ここでのポイントは自分の好きなめんつゆメーカーの物を使うというところです。自分の好きな味が染み込み、シソの風味を混ざり合ってとても美味しくなります。

是非試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事