しその実のレシピ!漬物以外の使い方で美味しい食べ方はある?

しその実は地域によって差はありますが、9月中旬から下旬頃が収穫時期といわれています。私の住み関東エリアでは大体この時期(10月初旬)あたりから八百屋さんの棚に陳列されます。しその実の人気レシピである漬物は前回チャレンジしたので、今回は漬物以外で美味しく食べる方法を検証してみたいと思います。

今回作ったものは3種類!しその実の鶏むね肉巻き、鶏むね肉とキノコのしその実焼き、そして、しその実とえのきのチーズせんべいです。

写真付きのレシピと作った感想も紹介していきます。

目次

スポンサーリンク

しその実の下ごしらえ

今回この記事で紹介するしその実のレシピは下ごしらえを終わらせたしその実を使用しています。
下ごしらえの簡単なやり方は下記記事で紹介していますので、ご存じない方はこちらからご確認ください。

しその実のレシピ1:しその実の鶏むね肉巻き


 【材料】
・しその実 大さじ3程度
・鶏むね肉 200g~250g
・油揚げ 3枚
・砂糖 小さじ1
・めんつゆ2倍濃縮 大さじ1
・ごま油 適量
【作り方】

1.油揚げは開いて2枚にします。

2.縦に切ります。

3.下ごしらえを終えたしその実をこれくらい油揚げの上にのせます。

4.鶏むね肉は皮を取り、できる限り油揚げと同じくらいの大きさにカットして薄切りにしたら砂糖をまぶしておきます。

5.シソの実の上に鶏むね肉をのせます。

6.くるくるっと巻いていきます。

7.巻いたら竹串にさします。竹串がない場合は1個に対して楊枝1本を指しましょう。

8.フライパンにごま油をひいて串を焼いていきます。最初は強火で油揚げに焦げ目をつけます。

9.裏返しにして更に2分焼きます。

10.弱火にしてめんつゆをお肉の上からかけ流し、蓋をして鶏肉に火が通るまで蒸し焼き状態にしたら出来上がり!

稲荷ずしと同じように甘くて柔らかい油揚げと、しっとりとした鶏むね肉。そしてアクセントにぷちぷちとしたシソの実が加わって美味しく仕上がります。本当は油揚げをカリカリにしたかったのですが、めんつゆで煮込んでしまったので稲荷ずし風になってしまいました。次作るときは外側がパリパリになるように作りたいと思います。
鶏むね肉に砂糖をかけたのは胸肉のパサパサ感を軽減するためです。硬くならず柔らかく仕上がりやすくなりますので試してみてくださいね♡

ちなみに、鶏むね肉を柔らかく仕上げる方法は下記記事で別途紹介しています。↓↓

しその実のレシピ2:鶏むね肉とキノコのしその実焼き


 【材料】
・しめじ 半束(冷凍したものを使用)
・鶏むね肉 50g+皮(上の鶏むね巻きで余った部分を使用)
・★白ワイン 大さじ1
・★岩塩(ヒマラヤ) 小さじ2/3
・★しその実 大さじ1
・★オリーブオイル 大さじ1
【作り方】

1.余った鶏むね肉を一口大にカットします。新しい胸肉を使う場合は薄切りにして一口大にしてください。

2.1をアルミホイルで作ったお皿にいれて★を加えます。

3.トースターにいれて5分加熱します。

4.冷凍のしめじを加えて更に5分焼いたら出来上がり。

冷凍したしめじを途中で追加するのがポイントです。冷凍している為加熱するときのこの出汁がじゅわっとでてその出汁で鶏もも肉を煮込んでいきます。
かなりおすすめの食べ方です。しその実のぷちぷちとして食感も楽しめますので食感もとても楽しいです。
お酒のおつまみとして、1品料理として出てきたらちょっと贅沢な気持ちになりますよ。

しその実のレシピ3:しその実とえのきのチーズせんべい


 【材料】
・えのき 半束
・しその実 大さじ1.5
・ミックスチーズ 200g~300g程度
・コショウ 1~2振り
【作り方】

1.えのきの石づきをカットして2~3本程度になるようにほぐしてボウルに入れます。

2.ミックスチーズをいれて混ぜます。

3.フライパンに2をせんべい型によそって焼いていきます。※油は引く必要ありません。

4.コショウを少々振ります。

5.外側が黄色く焼けてきたらフライ返しでひっくり返します。

6.これくらいの焼き具合になったらキッチンぺーーパーの上にあげます。完成です。

以前『沸騰ワード』で伝説の家政婦志麻さんが紹介していたえのきとチーズを焼くだけというレシピを真似して作ってみました。そこにしその実を入れてみた感じです。
今回私が使用したチーズはゴーダチーズのミックスをつかったのですが、塩を入れていないのに塩味が強すぎてビールが飲みたくなりました。
これは使うチーズによってかなり味が変わってくると思います。チーズを選ぶのであれば塩分がゴーダチーズよりも少ないモッツアレラを使用すると塩味を軽減できるかもしれません。
あまりにしょっぱくてあまり食べられませんでしたが、シソの実のプチプチ感はいい感じでした。せんべいにいれてもしその実は美味しいです。

作った感想・どれが美味しい?


いかがでしたか。どれも比較的簡単に作ることができます。一番手間がかかるものは1番目に紹介した鶏肉の巻物ですが、これはかなり美味しいです。稲荷ずし風のしんなりとした油揚げでも十分美味しく食べられます。外側をパリパリに焼き上げてももちろん美味しいでしょう。

個人的に一番すきだったのはきのこの出汁で蒸し焼きにした2番目のしその実焼きです。一番簡単に作れますし、きのこの出汁が蒸し鶏にに染みこんで美味しくいただけます。またキノコと蒸し鶏だけでは味に締まりがないところをしその実が締めてくれるのでアクセントになってとても美味しいです。

チーズせんべいは使ったゴーダチーズがいけなかったのでしょう。しょっぱすぎて食べれたものではありませんでした。次回作るときは違うチーズを使いたいと思います。

皆さんの参考になったら嬉しいです♡

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事