いなりずしの油揚げを破かずに開く方法とは?【ヒルナンデス】

2019/7/29放送『ヒルナンデス』では、今さら聞けない料理のキホン検定のコーナーで「今さら聞けないギモン以前の料理のキホン 浜内千波著」からのいなりずしに関する問題を出題。いなりずしづくりのキホンとは?

いなりずし作りのキホン

油揚げの下ごしらえ

油揚げは中にご飯を詰める為に半分に切り、切ったところを手で開いて袋状にします。綺麗に切れず破れてしまった!!こんな経験ありませんか。実はあることをすることで破ける失敗を防ぐことが出来ます。その方法とは油揚げの表面を菜箸でコロコロと転がしながら押すです。油揚げが破れる原因は中身が密着した状態にあるためです。作られた時にできたちいな気泡が無数にあります。油揚げを上から菜箸で押し続けるとこの小さな気泡が押しつぶされて隣の気泡と結びつき少しずつ大きな気泡へと変化していきます。そして最後には大きな空洞のようなものが出来上がる為、破れることなく簡単に開くことができるようになります。

砂糖、酒、しょうゆ、みりんで油揚げを煮ます。お米は酢、砂糖、塩で味付けしておきます。軽く握ったご飯を油揚げに詰めればいなり寿司の完成です。

スポンサーリンク

ヒルナンデス

『ヒルナンデス!』は、2011年3月28日から日本テレビ系列で、月曜日から金曜日の11:55 - 13:55に生放送されている情報・バラエティ番組。日本テレビ「ヒルナンデス!」では暮らしに役立つ情報やトレンドアイテムなどを紹介しています

まとめ&感想

調理法は本当に知っているか知っていないかで簡単になるレベルが変わってきますね。科学実験のようで本当に面白いです。ちょっとしたひと手間を加えるだけで以前の調理法よりもぐんっと得する、楽する調理の仕方があるということを改めて教えてもらえてた気がします。いなり寿司を作る際は是非試してみてくださいね。それにしても気泡が全部結びつくとは面白い現象ですよね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事