畳のダニはアイロンで駆除する?【それダメ】で紹介された方法とは?

2019/8/21に放送されたテレビ東京系テレビ番組『ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?』ではオードリーの春日さんが19年間住んだ家を結婚を機に引っ越しをするということで、番組企画としてお世話になったお家を大掃除されていました。その際に畳のダニの駆除法を掃除のプロであるハウスクリーニングのプロ(おそうじ本舗)の杉本昌俊さんが紹介されていました。

スポンサーリンク

畳のダニはアイロンで駆除する?


春日さんの畳のお部屋のダニの汚染度はアレルチェッカー『DaniScan』で確認したところ、汚染度マックスで一平米あたり350匹以上のダニがあると計測されていました。普通の家庭だと10匹以下というのが普通のようですので、まさにダニの巣に住んでいる状態ということですね。6畳1部屋なので合計すると4000匹以上のダニがいるという計算になります。
そこで、杉本さんが紹介されていたダニの駆除法が『スチームアイロン』を使う方法です。

  1. 畳を焦がさないよう、軽く濡らしたタオルを畳にあてます
  2. 全体にアイロンを使ってスチームしていきます
  3. その後は乾拭きをします。

参考:『ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?』

通常のアイロンではなくスチームアイロンを使うのがポイントです。ダニは65度以上の熱にあたると死滅します。一般的なスチームアイロンは100度以上のスチームが出せる為、畳の中まで高温にすることができるのでダニ退治には最適だといいます。

つまり、今までダニ対策としてお布団の天日干しをしていましたが、65度と高温にならないのでダニは死滅していないことになります。春日さんの畳部屋もこのスチームアイロンで駆除した後にアレルチェッカーでダニの数値を調べたところ、10匹以下になっていました。ダニがどれだけ熱に弱いかがわかります。

ダニなどの汚染度を測定できるアレルチェッカー『DaniScan』

『それダメ』で使用していたダニの数を計測するアレルチェッカーは『DaniScan』でした。
使い方は簡単で、

「一平米位の範囲をこするだけです。そして専用の薬剤を垂らして15分待ちます。すると妊娠検査薬のようにCとTの間に赤い線が浮き出てきます。Tがとても濃い場合は汚染度でいうと最大を表す」

と番組内で紹介されていました。

スポンサーリンク

全面アイロン掛けするのは面倒くさいという場合は?

『さよならダニー』

3Dダニ捕りシートの『さよならダニー』。生きたダニを置いて集めて捨てるだけという超簡単なダニ対策シートです。
約100万匹以上のダニが寝具に潜んでいるといわれています。また生きたダニはどんどん増殖していきます。
目に見えないからわかりませんが、生きたダニがいると増殖を繰り返しますので凄い数のダニが生息していることにもなりうるのです。

このさよならダニーの特徴はその捕獲力にあります。たった2ヶ月で100万匹ものダニを捕獲(1シート約25万匹)できるというのです。
【特徴】

  • 3D構造で生きたダニを捕獲し、中に入ったダニは逃さない
  • 1シートで約25万匹捕獲できる。1箱4シートで約100万匹捕獲できる。
  • 効力は2ヶ月
  • 化学物質ゼロなので安心・安全
  • 使いやすい分割タイプ
  • ダニが好きな黒いシートを採用
  • 気になる場所にシートを置くだけ。捕獲後は捨てるのみ

参考:さよならダニー


ダニ駆除スプレー

ファブリーズのようにスプレーをかけるだけでダニの駆除&予防ができるという商品があります。それがKINCHOの『ダニがいなくなるスプレー』。商品名そのままですね。
効力は1か月続くので月に一度気になる場所に振りかければダニを駆除&予防してくれるというもの。

効能:屋内塵性ダニ類の増殖抑制及び駆除、イエダニ、マダ二及びノミの駆除
有効成分:ピレスロイド(フェノトリン)

フローラルソープと無臭の2種類あります。毎日スプレーする必要がないのがとても楽ですよね。1か月に一度の掃除リストに組み込んでおけば簡単に駆除&予防ができてしまいます。

【無臭】

【フローラルソープ】

まとめ&感想

いかがでしたか。畳全体をアイロンがけすることでダニを簡単に駆除できてしまいます。しかしアイロンをかけて熱を加えるということは畳を焦がしてしまう可能性も考えられますよね。焼けてしまったり変色してしまうのが心配な方は『さよならダニー』や『ダニがいなくなるスプレー』などで駆除をするという方法を選択されても良いかと思います。何よりも手間がかからないのでこれらアイテムがあれば明日からにでもダニを駆除できてしまいます。是非試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事