ミニ トマト種から成長記録!始めた時期や育った過程を全て紹介!

もともと家庭菜園にはとても興味があったのですが朝起きるのがとても苦手で仕事前に栽培する時間が取れるか不安でずっと始められずにいたのですが、新型コロナウイルスの影響に夜外出自粛で家にいる機会が以前より長くなったこともあり、家庭菜園の中でも簡単といわれているミニトマトを育ててみることにしました。

私の家庭では昼をサラダ弁当にしていてミニトマトを毎日食べるのでしっかり育ってくれたらお財布にも優しくなりますし、楽しみな気持ちが止まりません。

このブログでは家庭菜園初心者でも簡単に始められるミニトマト栽培キット『エンジョイプランターベジ ミニトマト』を使用して種から栽培していく過程を随時おって紹介していきます。

目次

スポンサーリンク

使用した栽培キット

ミニトマト栽培キットの『エンジョイプランターベジ ミニトマト』を使用しました。見た目はこんな感じです↓↓

おうちで栽培するのにちょうどいい大きさのプランター付き栽培キットです。このプランターの大きさでずっと使っていけるのかは疑問ですが、成長するまで観察していきましょう。

種はこんな感じで12粒ほど入っていました。発芽率85%以上!!!これは期待できそうです!

栽培キットの中には、プランター(受け皿付き)、説明書、ポリ袋、種、培養土、肥料が入っています。

今回使用した栽培キット


ミニトマトの種まきのやり方

始めた時期

ミニトマトの栽培は5月上旬から遅くても6月上旬くらいまでに苗を植え付けて支柱を立てて育てることで夏には実がつき食べごろを迎えると考えられています。今回私は種まきを5月上旬である5/3に種まきをしました。種まきを5月上旬にしても夏までに間に合うのか様子を見て行こうと思います。

1.培養土と水400㏄をポリ袋に入れます。

2.土と水をよく揉んでよくなじませます。

3.プランターに2の土を入れます。

4.深さ1㎝くらいの穴を間隔をあけて4か所(説明書では2か所と書いてありましたが発芽するかわからなかったので念のため4か所に種まきしました)作りそれぞれの穴に2~3粒の種をまき周りの土をかぶせます。

4か所穴を作ったので付属されていた種を全て使いました!1穴3粒ずつ入れています。

土をかぶせてこんな感じになります。

発芽までの水やり方法

発芽するまでの6日間毎日行ったことは、霧吹きで毎日朝と夜に水を与えたこと、そしてラップをして表面が乾かないようにしました
発芽後はラップをとります。

基本的には毎日朝と夜に土の表面に水を与えます。また、表面が乾いているようだったら追加で水やりしました。

発芽するまではこんな感じでラップをしておくことで表面の乾きを防いでくれます。

発芽してきた

ミニトマトの発芽適温は25~30度、栽培適温は20~30度となりますので種まきから栽培する場合は冬を避けて栽培した方が良いでしょう。私は5/3に種まきをしましたが、連日のように20度を超えて更には夏日を記録する日もあったこともあり植えてからたったの6日目で発芽しました。

発芽しました!!5/9なので種まきから6日目で発芽しています!良い感じです!

成長過程

間引き

5/12(発芽から9日目)で4か所すべての穴から2~3本ずつ芽が出ました。

5/14(発芽から11日目)、二葉から本葉が見え始めるころ、まいた箇所に1本ずつになるように丈夫な苗を残して他の苗を間引きします。これで栄養がその1本により多く送られます。

5/24(種まきから3週間後)。葉がしっかりしてきてミニトマトの苗らしくなってきました。茎には産毛もついています。

5/31(種まきから4週間後)の記録。茎がしっかりとして葉も増えてきました。

窓際の室内で育てているのですが、窓側に向かって芽が成長してるのでより太陽が当たる場所に置いてあげることで成長が早くなると感じました。

また、窓に向かって芽が伸びるので曲がってまっすぐでに育っていないときはプランターの向きを変えて動かしてあげると良いです。

ずっと同じ向きで窓際に置いておくと太陽向きに曲がった芽になります。U字に伸びた芽を直したくてプランターの向きを変えたら次の日にはまっすぐになっていて、植物の生命力、太陽とのかかわりを感じることができます。

6/7(種まきから5週間後)の記録。よりミニトマトの苗らしい形なりより長く伸びています。これよりも大きく育つと思うとこの鉢では2つが限界のように思うので、他2つを移せる鉢を買おうと思います。

何か変化があったら随時追記していきます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP-季節の食材
おすすめの記事