バジルの育て方!種まきから栽培方法を全て紹介!時期はいつがいい?

家庭菜園初心者でもで簡単で始めやすいハーブ栽培。ハーブ中でも最も料理に使うことが多いといっても過言ではないバジルを早速種まきから育ててみることにしました!

今回使用した栽培キットは『Delish Garden Double バジル&パクチー』。このブログでは種まき、栽培方法や成長過程を全て紹介していきたいと思います。

目次

スポンサーリンク

今回使った『Delish Garden Double バジル&パクチー』


Delish Gardenは家庭で簡単に始められる栽培キットで、自分で育てて味わう”おうちデリ”。育てられる野菜の種類は4つありミニトマト、バジル、コリアンダー、ミントがあります。今回購入したものはダブルでコリアンダーとバジルがセットになっているものにしました。バジルや各々単体のものも販売されています。

栽培キットの中身はこんな感じ。ブリキポット、インナーポット2個、鉢底アミ2個、種2品種、培養土2袋、説明書が入っています。

スイートバジルの発芽率は60%以上。コリアンダーの発芽率も同様60%以上とのこと。コリアンダーの種は結構大きいですね!

受け皿は栽培キットに含まれていないのでダイソーで黒いお皿を買ってきました!サイズはピッタリ!※受け皿がないと水がこぼれ出るので室内で栽培したい場合は必須です。

コリアンダー&バジルのセット


バジルのみ


バジルの育て方

種まき

1.ブラキポットに入っているものを全て取り出します。

2.インナーポットにアミを入れます。

3.インナーポットに培養土を入れて、水を注ぎ割りばしなどを使って土の表面を平らにします※土全体に水が回るように。

4.種まきします。種はポット表面に均等になるようにバラまきます。(5/3に種まきしました。)

5.種が隠れる程度に周りの土を薄くかぶせ、霧吹きなどで優しく水をやり、種と土を密着させます。

左のポットがバジルの種をまいたものです。※右はコリアンダーですが1晩水に浸ける必要があるのでまだ種まきはこの時点でしていません。

 

 発芽するまでは土の表面を乾燥させないようにし、直射日光を避けて栽培に適した明るい場所で育てましょう。私は窓の目の前(室内)で育てました。また、発芽前と生育初期の水やりは水流で種が流れないように霧吹きなどを使用して優しく行うようにします。部屋の湿度が低い場合は発芽するまでラップをすることで土の表面の乾燥を防ぐことができます。

発芽するまでの水やりですが、5月初旬で湿度が常に60%程度キープできていたこともあり、朝の1回、夜の1回ずつ霧吹きで水やりをしました

発芽

5/8(種まきしてから5日目)に発芽しました!

5/10(種まきから1週間)で他の種からも発芽し、一番最初に発芽した芽はすくすくと大きく成長してきています。

栽培過程

5/13(種まきをしてから10日目)で、より多くの種が発芽しました。

5/17(種まきから2週間後)でこれだけ芽が大きくなりました。順調に育っています♡

5/24(種まきから3週間後)でこんな感じに伸びてきました。意外と苗は細いのでこのままどのように強く成長してくれるのか見ものです。

5/31(種まきから4週間後)の記録。一番成長しているバジルがそれらしい葉の形になり始めました。

6/7(種まきから5週間後)の記録。1本だけでなく、数本のバジルがそれらしい形になり始めました。まだ茎が細いのがちょっと心配です。

※何か変化があったら随時更新していきます。

時期はいつがいい?


バジルの発芽適温は20~25度、栽培適温は20~25度になりますので、5月~10月(首都圏の場合)に種まきをすれば発芽され栽培に適した温度になるということになります。今回私は5月初旬の5/3に種まきをし、その後栽培していくので、この時期は栽培に適していたかなどレビューしていければと思っております。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP-季節の食材
おすすめの記事