【ヒルナンデス】コンロの油汚れの落とし方!プロが教える簡単掃除法!

2019/4/19に放送された日本テレビ系テレビ番組『ヒルナンデス』の山ちゃん代行サービス社コーナーでは家事代行サービス・ベアーズの副社長である高橋ゆきさんが5男1女の大家族ママのお宅を訪問しプロの掃除術を伝授。さらに9/19に放送された便利グッズ『茂木和哉シリーズ』を使った油汚れの落とし方を紹介しています。

油汚れが凄かった五徳、コンロの掃除する方法や便利グッズとは?

スポンサーリンク

コンロや五徳はつけ置き

【掃除方法:つけ置き】

【用意するもの】

  • 油汚れ用洗剤
  • ビニール袋
  • ガムテープ

【やり方】

  1. シンクにビニール袋をしいて、潰れないように四方の角をガムテープで固定します。
  2. そこに40~50度のお湯をいれ、油汚れ用洗剤と混ぜ合わせます※軽い汚れの場合は重曹でもOK
  3. その中にガス台の五徳など外せる部分をプールに沈めます。
  4. 密封して約1時間つけ置きします
  5. つけ置き後状態をチェックし、汚れが落ちていたらすすいで完了
 ビニールは2袋用意するといいでしょう。1袋だと万が一破れた場合に水が漏れだしてしまいますので、2重にして使うと破れても心配いりません。

つけ置きをする際はビニール手袋をつけて行うようにしましょう。また、個人的な見解ですが、1時間経過して五徳を確認するときに歯ブラシで汚れを落としていくのも効果的ですよ!

【掃除方法:つけ置き出来ないガス台の油汚れ】

【用意するもの】

  • 丸めたラップ
  • 食器用洗剤

【やり方】

やり方は簡単。丸めたラップに食器用洗剤をつけて軽くこすっていくだけ。ごしごし洗うのではなく傷つけないように優しく洗っていきます。頑固な汚れには重曹を振りかけて磨いていきましょう

スポンサーリンク

つけ置きでは取れない頑固な油汚れは?

【用意するもの】

  • 固めのボディータオル
  • 重曹と食器用洗剤を混ぜ合わせて重曹ペーストを作る

【やり方】
この重曹ペーストをつけてボディータオルでこすっていくと、みるみる汚れが落ちていきます。

是非試してみてくださいね!

換気扇掃除のつけ置き方法は下記で紹介しています。宜しければご覧ください。

コンロの油汚れは茂木和哉の焦げ落とし?

2019/9/19に放送された『ヒルナンデス』で便利グッズとして紹介されていたのがお馴染みの『茂木和哉シリーズ』。


今回番組で紹介されていたのが、上記の洗剤です。べたべたとした油ではなく、頑固にこびりついた油をこちらの洗剤で掃除されていました。また、その掃除の仕方はサランラップを丸めてその上に洗剤をのせて軽くこすっていくというもの。
スポンジを使うとスポンジが液体を吸ってしまうため、サランラップをつかうことで液がスポンジに吸収されることなく掃除をすることができます。
軽くこすった後は、濡れた布でふき取ったらこびりついていた油がすっかり綺麗になっていました。

【商品の特徴】

●本商品はグリル、ガスコンロのゴトクなどのコゲを落とすのに効果を発揮します。
●ジェルタイプだから汚れに無駄なく効果的に使えます。
●中性タイプだから素材や肌に低刺激です。
●キズがつくので、天然・人工大理石・フッ素加工やアルマイト加工等の表面がコーディング加工された調理器具・機器には使用しないでください。
●車中、高温・直射日光が当たる所には置かないでください。

元々温泉の汚れを落とすために開発されたという茂木和哉シリーズの洗剤。お値段はリーズナブルとは言えませんが、どうしても落ちない汚れに悩んでいるという方はこちらの洗剤を試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事