帽子の汚れ・黄ばみの落とし方!洗濯洗剤でなく、シャンプーで洗う?

2019/8/7に放送されたテレビ東京系バラエティー番組『ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?』では夏を快適に過ごす新常識として紫外線対策としてよく使われる帽子の汚れを簡単に落とす方法を紹介されていました。その方法とは?

スポンサーリンク

帽子の汚れ・黄ばみ


夏は紫外線対策としてよく被る帽子。私も毎日ウォーキングをしているので被っていますが、夏は特に汗が染みついてニオイの原因となります。使用後は必ずスポーツ用ファブリーズをかけて乾燥させるようにしていますが、それでも汚れ・黄ばみが出てきてしまうことってありますよね。

そんな時洗濯用洗剤で洗ってみたり、漂白剤につけてみたりしますがなかなかその黄ばみが落ちないっていう経験ありませんか?
帽子の色によるかと思いますが、お子さんがいらっしゃる方は帽子の内側が白い生地が多いので黄ばみが特に目立ちますよね。

スポンサーリンク

帽子の汚れ・黄ばみはシャンプーで落とす?


帽子の汚れはTシャツの汚れとは成分が異なります。その為、洗濯洗剤ではなかなか汚れを落とすことが出来ません。そこで役立つのが、『シャンプー』です。

様々な洗剤について研究している横浜国立大学の大矢勝教授は「帽子の汚れの大部分は髪の毛の汚れや頭皮の脂です。シャンプーは洗濯洗剤よりもベトついた皮脂汚れになじみやすくより効果的に汚れを落とすことが出来ます」と話されていました。
中でもシャンプーに含まれる界面活性剤という成分が帽子の皮脂汚れになじみやすいといいます。

洗う時はぬるま湯とシャンプーを使って、手洗いで汚れを落としていきましょう。洗い終わった後は帽子の中に丸めたタオルをつめて形をキープした状態で逆さにして平面に安定させて乾かすと良いです。

実際にシャンプーで帽子の汚れを落としてみました!

洗濯前

洗濯後

かなり汚れが綺麗に落とされているのがわかるでしょうか。帽子が黒いので白い汚れがなくなっているのが一目瞭然です。また、シャンプーの香りがほのかに残る点もとても爽快感があってよいと思いました。
遠目からみても近づけてみても汚れがかなり落ちていました!

まとめ&感想

いかがでしたか。布の汚れはすべて洗濯洗剤で落とす勘違いしていました。シャンプーは髪の毛しか洗えないものだと思っていたので私の固定概念を覆されましたね。帽子が汚れた時はこの方法を使っていきたいと思いました!帽子をかぶって出かけた後はかならずファブリーズを使っていたのですが、消臭効果があっても汗シミを洗濯する効果は減られなかったので、汚れが目立ち始めたらシャンプーで洗って悩み解決です!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP
おすすめの記事