ビビンバレシピ!本格的に作ってみた!韓国本場に近い味になりました

私の相方がビビンバを夕食に食べたいというので今日はビビンバを作ることにしました。どんな料理も私は本格派を追求したいタイプ。そしてなるべく出来合いのソースを使わずに自分で味付けを考えるタイプです。また出来合いのソースではどうしても日本よりの味になってしまっていて満足いかないと感じられている方もいるのではないでしょうか。特に韓国料理やタイ料理に関しては辛さ調整がありますので、日本の家庭向けの出来合いソースだとどうしても本格度が軽減されてしまっています。

しかし、本格的に作るとなるとどうしても手間がかかってきてしまいますね。今回はなるべく手間を省いて簡単に作れるよう考案してみました。

ちょうど1週間前に韓国の釜山で食べたビビンバの味にできるだけ近づけたつもりです。

スポンサーリンク

ビビンバレシピ!【材料】

2人前
・ぜんまい 75g
・人参 1/4本
・キュウリ 半本
・ほうれん草 半束
・もやし(豆付き) 1袋
・牛こま切れ肉 300g程度
・(豚バラ肉 150g)お肉をたくさん入れたかったので豚バラ肉も入れています(安いので)。
・キムチ 適量

【調味料1】
・鶏がらスープの素(粉末) 大さじ1
・粗びき胡椒 適量
・ごま油 大さじ1~好みの分量
・あじ塩 小さじ1 通常の塩でもOK!

【調味料2】
・醤油 大さじ2
・酢 小さじ1
・本みりん 大さじ1
・砂糖 小さじ1
・水 1カップ

・焼肉のたれ(できればコチュジャンが入っているもの)
・酒(お肉の臭みを取る程度)
・お酢 大さじ半(人参とキュウリ用)
・コチュジャン 適量(好みに応じて最後にトッピング)
・卵黄 (好みに応じて最後にトッピング)
・人数分の白米

スポンサーリンク

ビビンバレシピ!【作り方】

1.ぜんまいは一度洗い、サッと茹ででザルにあけ、3~4㎝程度にカットします。そして【調味料2】で3~4分煮て、味が染みたら完成。

2.もやしは袋のまま電子レンジで加熱できるタイプのものだったので600wで3分加熱します。

3.キュウリと人参は細切りにして耐熱皿にいれてお酢大さじ半かけて600wの電子レンジで2~3分加熱します。

4.ほうれん草もサッと湯がいて3~4㎝にカットし、ぜんまい意外のすべての野菜をそれぞれボウル(または小皿)にいれて【調味料1】で味付けをします。味が足りない場合は鶏がらスープの素を増やすとナムルの味に近づきます。ナムルの調味料はほぼ目分量で美味しく仕上がりますので少量ずついれて味見をしながら味付けするのがおすすめです。

5.お肉に酒をかけて臭みを取ります。

6.お肉を油を引いたフライパンに入れて炒めていき、トングで持ち上げてはさみを使って一口大にカットします。

7.焼肉のたれで味付けをして弱火で2~3分煮詰めます。

8.お皿にお米と盛り、その上に具材をのせます。最後にお好みで卵黄を真ん中にのせ、コチュジャンをトッピングすれば完成!

まとめ&感想

いかがでしたか。出来る限り簡単に作ったつもりですが、ぜんまいに少し手間がかかってしまった気がします。次回作る時はぜんまいも電子レンジで加熱して調理する方法を考案したいと思いました。また、最近は牛肉のお値段が高いので、豚のバラ肉をあわせていれています。牛肉のみで調理した方が美味しいのは間違いありませんが、お財布に優しくしたかったのと、お肉のボリュームをアップさせたかったので2つのお肉を混ぜました!豚肉を入れてもとても美味しく頂きました♡

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

PICKUP-#おうち時間
おすすめの記事