酢飯の作り方!簡単で時短なのに美味しい?酢飯桶なしレシピ!

スーパーで美味しそうなお刺身を発見!これを海鮮丼にしたら美味しそうだな~と思っても、家に酢飯用の桶はないしボウルで作って美味しくなるのかな~?なんて考えている間に面倒くさくなって海鮮丼を作るのを諦めたことありませんか?

 

料理を普段から行わない人や料理に省く時間がなく時短料理を心がけている方にとって手間のかかるものはできるだけ避けて生活している方が多いはずです。

 

私も丁寧な料理を普段から心がけてはいるものの時間に追われて結局簡単&時短に出来る料理にたどり着いてしまいます。

 

酢飯に関してもそうです。私は酢飯用の桶は持っているものの、桶を天日干しにして消毒してから~ご飯を内輪パタパタさせてながら冷まして~甘酢を入れて~などと時間をかけて丁寧に調理する時間がない時がほとんどです。

 

そんな時に試してほしいのが、パウダー状の酢飯の素。これ本当に万能なので是非試してほしいです。酢飯桶がなくても超簡単に即席に酢飯を作ることができます。

酢飯の作り方【必要なもの】

用意するものはとてもシンプル!
  • 白米または玄米 人数分
  • タマノイ すしのこ
  • お好きなお刺身
  • ヤマゲン 醤油
  • 好みでわさびも

道具は大き目のボウルとしゃもじのみ

我が家は現在ダイエット中なので白米ではなく玄米を使います。

醤油はヤマゲンのものではなくても良いですが、我が家は刺身も海鮮丼も絶対この醤油を使用します。

甘口の醤油で、父が以前富山県に単身赴任していた際に見つけた醤油。これで生のお魚を食べると口の中がとろける~!

海鮮物との相性がとてもよく、また甘い味付けの煮物なんかにも使える醤油です。

 

そう、そしてもうお分かりの通り、酢飯を作るアイテムは、『タマノイのすしのこ』です

このすしのこは粉末状になっているのでお米にこれを振りかけるだけで簡単に酢飯を作ることができます!!!

また、比較的賞味期限も長いので我が家では常備している調味料です。酢飯以外にもお漬物作りやおにぎりにも使えますよ。

これを振りかけるだけで味が決まるの他、液体ではないのでお米がべちゃつくこともなく、美味しい酢飯を自宅で作ることができます

そして嬉しいのは無添加という点!初めて出会った時は感激でしたね。

【タマノイ すしのこ】


・原材料:砂糖、食塩、醸造酢粉末、酸味料
・商品サイズ(高さx奥行x幅):160mm×8mm×105mm
あたたかいご飯にかけるだけで、簡単にすし飯が作れます

【ヤマゲン 醤油】


・原材料:脱脂加工大豆(遺伝子組み換えでない)、小麦、食塩、アミノ酸液、砂糖/ 調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(サッカリンNa、ステビア)、保存料(パラオキシ安息香酸)
・内容量:1000ml
・商品サイズ(高さx奥行x幅):27cm×8cm×8cm
・ブランド:山元醸造
・パッケージ情報:ボトル
・アレルギー情報:小麦

スポンサーリンク

酢飯の作り方【レシピ】

1.ご飯をボウルに移し、しゃもじで優しくかき混ぜて粗熱を少し取ります。

2.まだご飯が温かいうちに、すしのこを振りかけます。ご飯1合に対して大さじ1杯。私は味見をしながら目分量で振りかけています。

3.混ぜ合わせて5~10分程度放置し、お米を冷やします。そしたら完成!丼ぶりにお米を移します。

4.お刺身を盛り付け、ヤマゲンの醤油にワサビを溶いて、それを掛けたら出来上がり!

美味しそう~!!!

 

白米でも試したことがありますが同じ要領です。玄米で作る時の方がすしのこを多めに加えます。玄米はお米1粒1粒が硬いので味が染みこみにくいためです。

作ってみた感想

難易度
リピート率

難易度

超~~~~~~~簡単です。

今までは自宅で酢飯を作るとなると、お酢や砂糖を使い自分で味を調整しながら試行錯誤していました。また液体を使うため米がべたついてしまい失敗してしまうことがほとんどでした。

しかし、この粉末状のすしのこに出会ってからは酢飯で失敗することはありません。まず、米がべたつくことが一切ない!!

しかも、温かいご飯に振りかけるだけで終了!

味見をしながら入れる量を調整して自分好みの酢飯を簡単に失敗することなく作ることができるようになりました。

ごはんを炊く→すしのこを振りかける→刺身をのせる→醤油をかける

の工程しかないので初心者の方でも簡単に作ることができます。

美味しすぎて言うことなし。

玄米+すしのこ+ヤマゲンの醤油は黄金の組み合わせ!!この3つが重なり合うことで完全に私好みの海鮮丼に変化してくれています。

全ての材料がそれぞれの良い部分を引き立て合ってくれています。ちなみに醤油はサーモンとまぐろに特に合うと思っています。

口の中がHAPPYの連続。美味しすぎて無限に食べていられます

魚はあまり得意でないアメリカ出身の旦那もこの海鮮丼であれば「美味しい!」と食べてくれます。帰宅した際にこれがテーブルに置かれているのをみて目を輝かせながら嬉しそうな顔で「今日の夕食は最高だね」と言ってくれます。

お家の海鮮丼がここまで美味しいと、家族のこともハッピーにしてあげられること間違いなし!

少なくとも私の旦那はこの海鮮丼が夕食で出てくるときは、喜んで仕事から帰ってきます。

リピート率

永遠に使うでしょうね。

その簡単さ、美味しさ、手軽さ、全てが私のニーズにぴったりフィット。

一度使ったら手放せません。

是非参考にしてみてください♡

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事